So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

NHK土曜ドラマ 4号警備 (5) [映像-ドラマ]

(2017日)

主婦の壇蜜の身辺警護を夫から依頼された。
妻に無言電話などあるとのことだった。
壇蜜は老人ホームにボランティアに行くなど平穏な暮らしで、
怪しい様子は無かった。


4gou.jpg
NHKオンマインド 土曜ドラマ 4号警備 (5)


----以下、ネタバレ

夫が妻への監視のためだった。
DVでアザまで作っており、どうすべきか会社で話し合う。

離れさすべきということで、朝比奈は説得するが、
石丸は、夫に謝罪させようとした。

口先の謝罪で壇蜜は離婚を決意したが、
キレた夫は暴れ出し、警備会社に対して警察に被害届を出すに至った。


結果論で、静かに別れることに決まったのなら石丸のやり方が正解となった。
が、「人間、そんな簡単に変われない」と言った朝比奈の軍配となる。


私の感想だが、イケメンなのに不倫に走らず、
妻への監視のために2人の警護を月100万弱かけることが疑問。
しかも老人ホームまで行って人間関係壊しにかかる精神状態で
一流の仕事ができる訳なく、これは原作者の逞しい想像力でのフィクションでしょう。







コメント(0) 

英雄たちの選択 「この本が日本を変えた!~杉田玄白“解体新書”誕生への挑戦~」 [映像-歴史]

(2019日)

オランダ語の医学書を見て、まず絵に驚き、
実際に見たくなり、3人で見、翻訳出版を決意する。

奥医師を加える等、反対の芽を摘むこともする。
事前に派手な広告を打ち幕府や世間の反応を確認する。
翻訳の完全に拘る前野良沢の反対を押し切り出版に踏み切る。

出版大規制前の田沼時代だからこそ可能であり、
遅れていれば不可能だったやもしれない。

アルファベットすら知らなかった玄白が、翻訳で結果を残した。
見事でした。

eiyu.jpg
英雄たちの選択 「この本が日本を変えた!~杉田玄白“解体新書”誕生への挑戦~」

----memo


1771 玄白 不破家見学を許可される

3人で処刑所
 小浜藩 範囲 中川淳庵 
 中津藩 範囲 前野良沢


この翻訳が後の基本形
 門外不出でない 新しい医学を興す

会読 みんなで本の内容
後の蘭学へ

絵があったから 挑戦できた

概念が無い場合
  神経 動脈 静脈 もなかった

 新語をつくった

翻訳とは別の問題
 
  奥医師 桂川ほしゅう を一員に迎えた

2年後 解体新書の宣伝広告
  世間の反応をみた
 幕府の咎めなし

 医学書だったのがよかった 絵があった
  漢方の本も読んでるから熟語が作れる

漢方の権威 多紀氏 がいるので 転向は難

銅版技術は無かった

 秋田蘭画創始者 小田野直武 源内の紹介
半年で模写を完成 木版で

前野良沢 出版に反対しだした
  翻訳が不完全なので 
 完璧にしたかった

1774 出版 解体新書

 長崎通事 から 誤訳の指摘
 漢方医から批判

1805 玄白の弟子が「医範堤綱」 医学書出版

 大衆にも普及した

 農村にも影響 
「解体人形」   「近代」の足音
  小林文素 文政4~5年 解体新書を見たから

1817 玄白死去 享年85
 
  文化から文明

医師 国手こくしゅ 国を
  田沼時代でよかった 後は出版大規制

 良沢は名前を載せることを辞退した

 訳 玄白が責任をとるという配慮

「日本」と書いたのは輸出を意識していたのではないか

日本刀で斬った後、観察していなかった


----



人気ブログランキング
コメント(0) 

土曜ドラマ 足尾から来た女 (後編) [映像-ドラマ]

(2014日)

明治40年(1907)谷中村の実家が国の強制執行で取り壊される。
指揮したのは、サチ(尾野真千子)の兄・信吉(岡田義徳)だった。

新吉は、田中正造(柄本明)と共に闘っていたが、
井戸水を飲んで42才で死んだ母のことを忘れ、
県側についた。父と暮らすためでもあった。
妹のサチを福田英子の下で家政婦となる際、スパイにさせた。

田中正造は、裏切った新吉を杖でぶつが、サチは泣いて止める。

福田英子は足尾鉱毒問題に力を注いだ。
無断で出ていった行き場の無いサチを連れ戻す。


asio1.jpg

明治41年、釧路を去った石川啄木と知り合う。
自殺を止めた経緯があったが、与謝野晶子宅へ福田と共に向かった際に再会する。

啄木との恋も束の間、
出獄し福田宅で同居することになった石川三四郎(北村有起哉)の目から逃げることとなる。



asio2.jpg
NHKオンマインド 足尾から来た女 (後編)


再び無断で英子から去ったサチだったが、
目の前に偶然にも、原敬の姿があった。

後に平民宰相と言われる原敬だったが、
内務大臣としてサチの実家である谷中村を
鉱毒問題から治水問題にすり替えてダムの底に沈める責任者だった。


見応えありましたね。




先に、時代背景を↓の草原克芳氏の著作『批評・啓蒙・プロパガンダ  黒岩涙香と萬朝報の時代』を読むとこの作品の面白さが倍増します。

今回、石川三四郎は酷く扱われていますが、実際にこういう話があったのなら最低な人間ですが、
簡単に、どういうことをやってきた人間かは書かれています。


サンプル


『萬朝報(よろずちょうほう)』という黒岩涙香の新聞社である
朝報社で、論説委員として幸徳秋水、堺利彦、内村鑑三といった面々が記事を書いていた。
そこで石川三四郎も働いていた。

日露戦争に関して、非戦論だった社論だったが、
1903年に突然、肯定した記事を載せたのを機に、
幸徳秋水、堺利彦、内村鑑三の3人が朝報社を去ることにした。

そして、幸徳秋水と堺利彦が平民社を作って『平民新聞』を発行するが、
石川三四郎もここに入った。

そこで非戦論や社会主義を主張する。

サチは自分の密偵としての報告で三四郎が捕まったと自分を責めたが、
石川の言論で、すでに確定事項だった。

が、石川三四郎は"強運"の持ち主で、この後に禁固で留置されることになるものの、
幸徳事件で24名が死刑判決となり12名が執行されるが、巻き込まれずに済んだ。
堺利彦も赤旗事件で獄中にいたので助かった。

資本主義の負の面を直視したことで社会主義を理想とするのも無理はなかったが、
社会主義は衰退することになる。

かろうじて、キリスト者だった福田英子と石川三四郎は、
神の愛により生かされたのかもしれません。
が、罪による罰だったのやもしれません。





コメント(0) 

ドキュメント72時間 「突撃! 秘密のネットオークション」 [映像-他]

(2016日)

「秘密の」というものではなかった。
物珍しい出品者や落札者に取材するという話。

冠婚葬祭の代理出席を出品する男性もいれば、
ある書家の作品で3000万で出品する人もいた。

取材に行くと、丁髷をしており、この姿で免許の更新に行くそうだ。
陰陽師をされており、2000年頃のブームで財を築いたという。

「自分の知らない世界を知る」

まさに教養となった回でした。

4gou.jpg
NHKオンマインド ドキュメント72時間 「突撃! 秘密のネットオークション」

----memo

墓参り代行
明治時代の入れ歯

木造の車庫 40万
古本 3千冊  200~300万

3000万 十文字光ともじひかる 書家の作品

代理出席 年300件

母の遺品

犬用ヘルメット







コメント(0) 

NHK土曜ドラマ 4号警備(4) [映像-ドラマ]

(2017日)

市長選に出馬した伊藤蘭の警護を3人がすることになり、
選挙運動を共に行動する。

無名の新人で現職候補に挑戦する戦いだったが、
トラックが選挙事務所に突っ込んでくるなど恐怖が訪れる。

卑劣な手段にどう対処していくか、見応えありました。


4gou.jpg
NHKオンマインド 土曜ドラマ 4号警備 (4)


----以下、ネタバレ


現職市長が、教師40年の新人にトラック突っ込ませる理由はなかった。

事務長(高橋光臣)の自作自演だったが、
もはや、この21世紀のネット社会では、自演でなくても
「自演だろ」と書かれる時代で、危険過ぎる愚かな行為だった。







コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (11)「百年の孤独」 [いだてん]

(2019日)

金栗は開会式でプラカードを持つことになるが、
「JAPAN」が気に入らず「日本」にこだわる。
が、「NIPPON」で落ち着くこととなった。


ida0.jpg

が、今回は、三島弥彦の回だった。
日本人の体格に凹んでいたが、監督の大森兵蔵が

「敵はタイムのみ。一緒に走る選手のことはライバルではなく、タイムという同じ敵に立ち向かう同志と思いたまえ」

と諭す。三島は気が楽になったが、もっと早く言って欲しかった。
実家に自殺を仄めかすほどの落胆のハガキを送っていたからだった。

三島は、11秒8で予選落ちとなった。
しかし、自己最高記録だったので満足だった。


ida1.jpg

7月12日、400m予選。が、5人中3人が棄権。
2人なので走らなくてもよかったが、走る。
しかし、三島は決勝を棄権する決断をした。


ida2.jpg
ida3.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (11)「百年の孤独」

三島の笑顔に2人は同意した。





コメント(0) 

NHK土曜ドラマ 足尾から来た女 (前編) [映像-ドラマ]

(2014日)足尾鉱毒事件をめぐるスパイドラマ。
文字を読めない少女が諜報員となったが、
学ぶことで成長する姿を描く作品でもあるようだ。


明治39年(1906)冬に、足尾銅山の環境汚染で畑仕事ができなくなり、
主人公の新田サチ(尾野真千子)は家政婦として東京で働くことになる。

兄の信吉(岡田義徳)が田中正造(柄本明)の元で共に闘ってきた縁で、
社会主義活動家の福田英子(鈴木保奈美)宅での仕事を紹介された。

が、東京行きの汽車の中で兄から紹介された日下部錠太郎(松重豊)に
逐一報告するよう命じられたが、警察官僚だった。

福田宅で田中正造、幸徳秋水、堺利彦、石川三四郎が足尾銅山問題を扱う。
幸徳秋水や堺利彦は足尾銅山の労働者の賃金問題を取り上げ闘争の手段としていた。
が、田中正造にとっては即時銅山を閉鎖することが当然だった。

asio2.jpg


警察に内情を報告していたサチだったが、彼らが捕まることとなり、
村に戻ることとなる。

面白かったですね。サチは架空の人物としても、
実在の人物を多く扱っていて非常に勉強になりました。
が、ドラマでは時間の問題からも各人の経歴が省略されているので、
全員が社会主義者に見えてしまう。

asio3.jpg
NHKオンマインド 土曜ドラマ 足尾から来た女 (前編)


実際は、無神論系とキリスト教系の社会主義が混在しているようだ。
福田英子が東洋のジャンヌダルクと呼ばれ自由民権運動から社会主義者となった。
福田は内縁だった大井憲太郎との間に子がいたが、それには触れられていない。
石川三四郎(北村有起哉)とは恋仲で『世界婦人』を発行する。
大井は正教会で石川は同志社熊本バンドの海老名弾正の本郷教会で受洗したようだ。

が、福田は、内村鑑三の聖書研究会からは断られたようだ。

この時代、内村と田中正造は第一線で鉱毒反対運動に立っていたようで、
田中の僅かな遺品に聖書のマタイ伝があったそうだ。
田中正造の闘いを支えていた精神は未洗礼であろうがイエスキリストだったのでしょう。





コメント(0) 

ドキュメント72時間 「街角の法律相談所」 [映像-他]

(2018日)

さすがに取材拒否の連発だった。
無免許運転で父を殺された人の相談など当事者は深刻である。

ここで担当してくださった弁護士さん次第で結果が変わるかもしれないとなると、
巡り合わせ、運、神の采配など、そう思って納得するのでしょうね。


doc.jpg
NHKオンマインド ドキュメント72時間 「街角の法律相談所」

----memo

親をひき逃げ 父死亡 無免許 相談
1年 

大家 住民を出す相談 アパート

30分5400円 年間7000件 

賃金未払い 約60万 20万の示談を告げられた
 弁護士から会社へ問い合わせすることになった


契約更新の際 火災保険に入ってくれ が
銀行に200万の借金 

離婚で手放した親権の問題 8歳の子

騒音で

業務中に起こした交通事故

内定取り消しで
 子と親

寮を出ていってくれと 元タクシー運転手

上司のパワハラ 仕事を与えない
 




コメント(0) 

土曜ドラマ 4号警備 (3) [映像-ドラマ]

(2017日)

中山秀征の大手不動産会社はブラック企業で、従業員を酷使していた。
ある時、本社前で爆発があり、主役の2人は身辺警護をすることになった。

が、北村一輝の経営コンサルタント時代の顧客だった。
訳アリだった。
上司の片岡鶴太郎の人選に、さすがに警備会社の社長も疑問を持つ。

今回は、本筋以外で盛り込んできたのが面白かったですね。
前回のストーカー被害の女性を雇ったり、
北村の娘が登場しキレて出ていくわ、
お局さんと社長が酔っ払って朝比奈に絡んだりと、
単なる7回ではなく、7話完結の感動に向けての伏線のようです。


「-×-が+になることもある」

名言でしょう。


4gou.jpg
NHKオンマインド 土曜ドラマ 4号警備 (3)






コメント(0) 

アナザーストーリーズ 運命の分岐点 「連続企業爆破事件~見えない敵との闘い~」 [映像-他]

(2018日)

約45年も前の連続爆破テロだが、現在進行形だった。
犯人逮捕の瞬間を撮影したり、その日の朝刊で予告したりと
産経社会部の元記者やカメラマンには脱帽でした。

それで番組が終わると思いきや、
被害者や遺族の方の取材もあった。
また、警視総監の妻が受け取ったお歳暮が爆弾で、
即死だった事件のことを知り驚愕でした。

また、日本赤軍の要求に超法規的措置で釈放したのが、
この連続企業爆破事件での犯人であり、現在に至っていた。
また、拘置所にいる死刑囚も執行されていない。

ano.jpg
NHKオンマインド アナザーストーリーズ 運命の分岐点 「連続企業爆破事件~見えない敵との闘い~」

----memo

19740830 三菱重工 8死亡
1014 三井物産
1975228 間組爆破

519 逮捕

元公安 取材 
 公安皆犯人わからない

 現場 ガラス破片 物証探し大変
 公捜 30 爆弾火炎瓶の分析専門家
    
902 タクシー運転手の目撃 
   2人組 筒を持った

 腹腹時計 爆弾教本 
         詳細に解説
  東アジア反日武装戦線 狼
 初耳

 犯行声明 狼から
 3週間後 大地の牙 が三井物産を
  1223 鹿島建設  さそり

 植民地主義企業への攻撃

   市民に紛れて暮らしている

 極秘捜査本部 特命部隊20人

 アイヌに触れていた 厳しい立場に立たされている
 
 北海道出身 車のナンバーから
  3人 港区神宮外苑 

 228 間組 

  323 公安部確証掴む 佐々木のゴミ リード線
    改造用モデルガン

  519 事件から9か月 7人一斉逮捕
    主犯 大道寺 ハラハラ時計を書く
    農薬が爆弾の材料

-------

  犯人逮捕の瞬間の撮影 サンケイのみ
 
 サンケイ記者 村上克 鑑識が原点
  鑑識に取材 警察の風呂にまで入った
   が、汚い 泥や死体を触っている

  山崎せいじ  4日後に 狼 ハラハラ時計のコピー

  配達を遅らせた
       が、駅売は別だった

  小野よしお カメラマン 尾行していた
    刑事に談判 

-------
  被害者・遺族

  生存者  職場の同僚が死亡 ガラス
       自責の念 
 
  父親を失いながら涙を流さなかった息子
   泣く暇がない
  20位まで受け止められなかった

  大道寺 死刑判決 1948北海道で誕生
  アイヌ女性の結婚差別に怒り 大阪へ

  警視総監 土田国保 事件の3年前
   妻を爆破テロで殺害されていた 自宅へのお歳暮で
      即死

    次男 土田健次郎68 大学教授
     母の無残な姿に 兄弟に見せないよう毛布を掛けた
    見たか、いまだに聞けない
    
   父は自らの悲しみを語らなかった
      真犯人分からず

出家も考えた が、 起こったことはどうしようもない

  大道寺 獄中で病死

 大道寺逮捕の2か月半後 佐々木釈放
    日本赤軍     大道寺あやこも釈放
   超法規的措置 
 
  




コメント(0) 
前の10件 | -