So-net無料ブログ作成
検索選択

その時歴史が動いた 緊迫の二十四時間 〜新資料が明かす二・二六事件の内幕〜 [映像]

(2003日)2.26事件時、岡田首相の秘書官だった迫水久常の証言が30年を経て明らかにされた翌年の番組。

1936年2月26日、官邸に入った兵士たちは岡田を殺したはずだった。
が、顔を知らなかったので、別人を殺害した。
岡田は迫水の岳父であったが、何とか反乱軍に気づかれずに救出したかった。

海軍に助けてもらおうとしたが、大臣の大角岑生は、陸軍との軋轢を嫌い、
「聞かなかったことにしてくれ」と逃げた。

陸軍大臣は新総理を決めて早期に組閣すべきと、目の前の反乱に目を向けなかった。
陸軍の非公式の参議官会議でも鎮圧には消極的だった。

当時の民間人の撮影した戒厳令下の映像と迫水の証言からの編集で、
2.26事件を約40分で説明する番組。「さわり」でした。

迫水は鈴木内閣で内閣書記官長を務めたが、
2015年の『日本のいちばん長い日』で堤真一が演じたので、
浅学の私には、好印象な方ですね。


2・26事件の内幕・緊迫の24時間・その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

Theナンバー2  小栗上野介 徳川最後の幕臣 [映像]

(2012日)慶喜に仕えたが、勝海舟とは違い、幕府に愛着があり最後まで徹底抗戦を主張するNo2。

彼は横須賀造船所を建造した。井伊直弼が結んだ条約の批准書の交換で
渡米した。そこで見学した造船所に感銘を受け、日本に導入しようとした。
「船は買えばいい」という多数派に屈せず、1865年に前身の「横須賀製鉄所」を造った。
それが今日まで存続する。

日露戦争時の連合艦隊司令長官だった東郷は遺族に謝辞を贈った。
それほどの「横須賀造船所」であり、小栗が幕府の次をも見据えて残した「国宝」だった。

彼は立派でした。
最後の、一途な忠義を貫いた小栗の斬首は、無念ですね。


2014 n02小栗上野介 徳川最後の幕臣0824 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

BS歴史館  邪馬台国の魔力に迫る [映像]

(2012日)邪馬台国があったとされる、九州説・畿内説を検証する。
が、登場する3人の学者が、皆、近内説を採用している専門外の学者のようだ。
よって、激しく論争することもなく、進行する。
(事情は分からないが、本気で喧嘩になるので出演を断られたのかもしれない。)

九州で鉄が多く発見されたので、経済圏があったのは事実のようだ。
が、決定的な中国の「魏」から贈られた「金印」が発見された訳ではない。

考古学者にすれば、「金印」を狙って掘るというのは「宝くじ」を当てるようなものだそうだ。
彼らができるのは、掘って出てきた「モノ」から「歴史を組み立てる」ことだそうだ。



BS歴史館 : 邪馬台国の魔力に迫る 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~  “陸軍の異端児”の策謀と誤算~石原莞爾 [映像]

(2016日)いわゆる「15年戦争」の幕開けとして、1931年の満洲事変を扱う。

石原の起こした独断専行が、「下剋上」に火をつけ、日中戦争、敗戦となるという、
石原悪玉史観を楽しませる企画。

1933年の停戦から37年の「シナ事変」まで4年の平和があるが、
イメージとして15年(14年)まるまる戦争してたかの印象が残る。

石原は日蓮の影響が濃く、独自のトーナメント式「世界最終戦争論」があった。
東條を批判し、左遷され、戦犯にならずにすんだ。

近衛文麿の責任は番組の趣旨ではないので、石原が「巨悪」になってしまっている。


元々、満州は女真族の土地だったので、絶対悪の侵略とは言えなくとも、
欺瞞的ではある。が、そもそも「完全なる利他」のために自国民を犠牲にする戦闘行為をしていいのかという問題もある。

福田和也氏はもう少し、「地ひらく」のように熱く語ってほしかったですね。


プロF 陸軍 石原莞爾(いしわら かんじ)20161208 投稿者 okura1919ppp


地ひらく―石原莞爾と昭和の夢

地ひらく―石原莞爾と昭和の夢

  • 作者: 福田 和也
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本



コメント(0) 

中国王朝 よみがえる伝説「悪女たちの真実 楊貴妃」 / NHKドキュメンタリー [映像]

(2017日)楊貴妃という名しか知らなかった。
この人のことは数分程度で、時代背景と周辺の人間関係がメイン。

玄宗皇帝の妃となり、自分の姉も含め楊一族が台頭し、又従弟の楊国忠が宰相になる。
が、楊貴妃の養子だった安禄山が755年、"安史の乱"を起こした。

その経緯を解説する番組。
このシリーズ前回の「西太后」もそうだが、
「悪女」というのはレッテルだとし、悲劇性を前面にしている企画。



「悪女たちの真実 楊貴妃」唐王朝 玄宗皇帝 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

その時歴史が動いた 外様大名はこうして生き残った! 〜家康に勝利した逆転の戦略〜 [映像]

(2004日)毛利輝元・島津義弘・伊達政宗の3人を扱う。

毛利は4分の1の領地となったが、家臣の禄を5分の1に断行した。
その差に理由があったものの、去った者もいた。
輝元は国内で新田開発や産業の育成で10年あまりで、1.8倍に成長させた。

島津は、関ヶ原で負けたにもかかわらず、唯一、領地を守った。
その交渉はタフに一歩も引かなかったことにあるが、簡単ではなかった。

伊達も関ヶ原の協力で50万石の加増が約束されていたが、反故にされる。
幕府に公共事業を任される名誉が与えられ、国を疲弊させられる。
さんざん利用され、謀反を疑われ、だが、家康の死に際に立ち会った。

天下太平と言うが、外様大名が当初約200家あったのが、8割が潰された。
幕府に因縁つけられない為、必死だった。
それぞれ約15分で、サクッとした内容でした。

Vídeos : 外様大名はこうして生き残った!~家康に勝利した逆転の戦略~
その時 外様大名はこうして生き残った!

コメント(0) 

塚本幼○園への疑い

1か月程前、聖マリア幼稚園の願書を盗んだ男が捕まった。(↓産経)

幼稚園の願書、盗んだ疑い 千葉県警、24歳男を逮捕
http://www.sankei.com/affairs/news/170225/afr1702250017-n1.html


それに対して、私は、塚本の関係者かと疑い↓ブログに書いた。
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2017-02-25


私が籠池に、「入園願書盗んだのお前の差し金だろ?」と言ったとする。

そしたら、籠池は「記憶にございません」と言って、
フェイスブックで、「しておりません」と否定して、
配偶者が「悪魔の証明だ。証明する義務は貴方にあります」

と言うだろうか?

言う訳ないだろう。



籠池なら、

「 何を言うとんねん。するワケないやろ。冗談も休み休み言え!」

 で終わりでしょう。


「悪魔の証明」と言う前に、自分の口で笑い飛ばすでしょうね。


それができない理由が何なのか?ですね。
コメント(0) 

昭和偉人伝 池田勇人 / BS朝日 [映像]

(2015日)特に細かいところに踏み込むわけではない、あっさりした番組。

社会党委員長だった浅沼稲次郎が暗殺されたが、
彼は国会で真心をもって浅沼を称え、遺族に届いたシーンなど、
池田に関する写真や映像などが確認できる。

「貧乏人は麦を食え」などの問題発言が、
自分が食べていたので実は問題はなかったなど、明かされる。

私は勉強になりましたが、常識+α の範囲でしょう。


2015 S偉人伝 池田勇人0211 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

中国王朝 よみがえる伝説「悪女たちの真実 西太后」 /NHKドキュメンタリー [映像]

(2017日)西太后の実像に迫る。
彼女の父は下級役人で書記を務めており、娘に読み書きと教養を授けた。
が、当時の清の女性に必要のないモノとされており、皇帝は彼女を皇后にした。

彼女のイメージは私も悪かったが、それは彼女を貶める工作だった。

写真では堂々とした姿勢ばかりだったが、
清を代表していたのであり、彼女が崩れれば国の崩壊となることを彼女は理解していた。
今回は彼女を擁護する番組だったので、
立派な「別荘」を作るのを雇用のための公共事業と強弁だろと腑に落ちなかったが、
(なら橋でも学校でもいい)
それでも、単なる浪費癖の悪女ではなく、甥の光緒帝を幽閉したクーデターが
優れた政治判断だったことが明らかとなった。

晩年の改革で「纏足」を廃止したり近代的軍隊を創設したりと功績がある。
私欲も功罪もあるのでしょうが、
生い立ちから考えれば無我夢中だっただけなのかもしれません。


中国王朝 よみがえる伝説「悪女たちの真実 西太后... 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

タイムスクープハンタースペシャル「お正月パニック!改暦大騒動(明治時代)」 [映像]

(2015日)主人公はトラブルでタイムワープしてきたのが2015年元旦だった。
そこで1月のカレンダーを手にしたが、そのまま再度トラブルにより時空を移動。

来たのが明治6年元旦だった。

その日は明治5年12月2日を太陽暦の初日とした日だった。
急な明治政府の変更により一般にはカレンダーは出回ってなかった。
暦業者が大変だった。

また、大晦日がなかったため、その他の商売での不具合もあった。
あわただしい正月の様子の回だった。


それはそれで面白かったが、
主人公が暴行を受け所持品を奪われるというトラブルは一度見てみたかったので、
この件も満足する。

このシリーズを見続けるなら、今回の最終回はマストでしょう。


お正月パニック!改暦大騒動 タイムスクープハン... 投稿者 kokutaigoji
コメント(0)