So-net無料ブログ作成
検索選択

冷戦 第02回 「鉄のカーテン」 1945 1947 [映像]

(1998米)戦後、ドイツでの深刻な食糧不足を、イギリスが援助した。
他国への援助のために戦中でさえしなかった配給制を採用することとなる。
英国は、ギリシャやドイツに軍事的経済的援助をする力がなくなったことを
アメリカに伝えることとなった。
共産主義の脅威の前に、アメリカが世界の警察の役割を担うこととなる。

イランでは、ソ連軍の「居座り」が問題となった。
1941年6月に独ソ戦となり、英ソは連合国となったが、東部戦線への輸送ルートとしてイランが重要となる。しかし、王が鉄道利用を拒否したため、同年8月に英ソはイランに侵攻。息子が新王となった。そして、「休戦後半年以内」で駐留軍が撤退する約束がなされたが、ソ連軍は帰ってくれなかった。
その件で、イランは1946年、国連安保理に訴える。
ソ連代表のグロムイコは審議の延期を提案し拒否され、退場した。

「鉄のカーテン」はチャーチルがトルーマンの地元で演説した際の表現だった。

さすがに冷戦を24回に分けた番組だけあり見応えありました。

guro.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=-uvY7aoIlIU


コメント(0) 

50年戦争 イスラエルとアラブ 第5回 マドリード和平会議 ~インティファーダ 和平への波~ [映像]

(1998日英)80年代~湾岸戦争後の1991年10月30日のマドリード会議まで。

イスラエルのシャミル首相はリクードの強硬派で、
PLOとの同席は、「礼拝堂に豚のようなもの」とまで表現した。

はじめ外相のシモン・ペレスが会議の枠組みを考えたが、
彼は労働党でリクードの首相が飲めるものではなく、
アメリカからの提案の形を取ることとした。

PLO自体は排除したが、パレスチナを代表する者を参加させた。

とはいうものの、会議の席は穏やかではなかった。
自ら乗り込んだシャミル首相は、シリアのテロを非難し、
シリアの外相は、シャミルが1948年の国連調停官殺害テロに関わってたことを
持ち出した。

会議前はシャミルがユダヤ人入植地建設のための金策をアメリカに要請したが、
和平交渉を潰しかねないとし、ブッシュ大統領が拒否した経緯もあった。

苦難の末のマドリード会議の冒頭が荒れて、
第5回は終了する。

syami.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=Zb8IDdLzl_Y

コメント(0) 

厳しい海保

海保の巡視船内で窃盗疑い 「さど」の元乗組員を書類送検 新潟
http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040009-n1.html


ダメですが、5万円という少額で、名前まで公開されるというのも
厳しいですね。

私が上司なら、そこまでしませんね。
驚きました。

まぁ、パチンコなら仕方ないかもしれません。
コメント(0) 

グーグルストリートビュー

地獄がどこかが、気になりますね。
ノルウェーに Hell という町があるようなのですが、
場所を特定できませんでした。

是非、教えて下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=-Cy3w2hrYRY
コメント(0) 

ハイジが万引き犯を追い詰めた [映像]

これは笑いました。
500万を超えているのでメチャメチャ有名でした。

ネタを思いついた後に、
細かいセリフの調整は、そう簡単にできないでしょう。
また声の入れ方も私にはマネできません。

たった数分のパロディーですが、
けっこう長い準備が必要だったのでしょう。

完成度高い作品でした。


コメント(0) 

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第9回 “唯一の超大国”アメリカ [映像]

(2013米)レーガンの後の父ブッシュ時に湾岸戦争となる。
イラクのフセインは自国民に化学兵器を使用していたが、
湾岸では劣化ウラン弾が使われた。
又、トマホークでゲーム感覚で戦争をすると批判される。

ソ連は崩壊し、エリツィンがロシア連邦大統領となった。
彼は、クリントンとの親和性が高く、
NATOの東方拡大、国営企業の民営化で外資を招いた。

2000年にプーチン大統領となるまでは、国威なぞ寒々としていた。

監督の10作のシリーズだが、広く浅くサラッとで、
「そういうこともあったね」と再確認するにはいいのでしょう。


オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 #09 「“唯一の超大国”アメリカ... 投稿者 0141oniku
コメント(0) 

50年戦争 イスラエルとアラブ 第4回 孤立と暗殺 ~第4次中東戦争~ [映像]

(1998日英)1970年~1979年。

1970年にエジプト大統領ナセルが他界し、サダトとなる。
サダトはこれまでの路線を踏襲せずアメリカに接近する。

1967年の第3次の6日間戦争で失ったシナイ半島を何としても取り戻したかった。

スエズ運河東岸までイスラエル軍が駐留していたが、
せめて数㎞後退させて、ストップしていた運河の渡航を再開させたかった。

その為に、シリアのアサドと対イスラエルの密約を交わすが、
エジプト軍がシナイ半島を深く進軍することが前提だった。
そのことで奪われたイスラエル北部のゴラン高原での戦闘が影響する。

対イスラエルのアラブ側の中で騙し合いをしていた。

怒ったアサドの背後にいるソ連がサダトを恫喝し、
サダトは敗北覚悟で陸軍をシナイ深く進軍させた。
イスラエル空軍の餌食となるのは、地対空ミサイルの範囲外だったので自明だった。

逆にイスラエル軍が運河を西へ突入することとなった。

そこからサダトの外交戦が本格化することとなる。
この頃のイスラエル首相はゴルダメイヤで領土の執着はすさまじく、
次のペギンも役者だった。

1978年にカーターの仲介でキャンプデービッド合意。
シナイ半島とイスラエルの生存権での合意でサダトとペギンにノーベル平和賞となった。翌79年に平和条約となる。

が、これが「裏切り」となり81年の暗殺となる。

793.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=FrLjEMF3BX0

コメント(0) 

冷戦 第01回 「東西陣営の形成」 [映像]

(1998米)全24回の「冷戦」ドキュメンタリー。
生存する関係者へのインタビューが豊富。第1回は1941年~45年。

1943年11月のテヘラン会談と、1945年7月のポツダム会談の様子が印象に残る。

テヘランでの会談をスターリンはソ連大使館ですることを強く押す。
秘密警察のトップだったベリヤの息子が盗聴の準備をした。
ルーズベルトやチャーチルの考えを事前に知り、朝、記録を読む。
そして何気ない顔で会談に臨んだ。

ポツダム会談では実際には冷戦で空気は険悪だったようだ。

teheran.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=Eoq42OYNc5A


コメント(0) 

50年戦争 イスラエルとアラブ 第3回 流転するPLO ~パレスチナ解放機構~ [映像]

(1998日英)第3次中東戦争でイスラエルはヨルダン川西岸を制圧した。
東側にあるヨルダンにパレスティナ難民が多く住み、
アラファトが西側に危険を冒し攻撃を仕掛ける。
スクールバスの爆破で児童の死傷者が出たことで、PLO拠点となったカラメにイスラエルが攻撃する。
双方が大損害を受けるが、その時の活躍でアラファトがリーダーとなる。

ヨルダンで活動していたPLOだが、ヨルダンの王フセインが穏健化したため、
PLOの不満からヨルダン内戦となる。
PLOに賛同する連中のハイジャック事件が起こり、王は激怒し、国外追放を決意。

エジプトのナセル大統領がPLOとヨルダンの仲介をとり、
アラファトたちは受け入れを認めたレバノンに移住した。

が、1982年にレバノン内戦となり、PLOはチュニジアへ追放となった。

araf.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=d6t-kXvMbbo
コメント(0) 

加計と前川と政宗 [人生・幸福]

獣医学部が四国にはなく、半世紀にわたり新設されてなかったそうだ。

この問題は、既得権益に対して国家戦略特区という形で規制が緩和され、
15回も拒否され続けた新設の申請が、今回OKとなったそうだ。

問題は、京都産業大も申請していたが、安倍の友だちの加計の為に条件を恣意的に設定した疑いが濃厚であることのようだ。

で、土地やら補助金やらで約100億が学園に渡るようだ。


で、文科省内で「文書」がでまわっていたのを朝日が記事にし、
大臣や官房長官が否定し、前川前次官の醜聞を警察を使って調べ読売に流したようだ。

が、前川氏は朝鮮学校無償化に熱心であり、また現地調査も熱心だったようだ。
それは嫌味ではなく、障がい者施設であれ現場の声を生で聞く人だったようだ。

ということで、「あるものをない、とすることはできない」という彼の主張に分があるでしょう。その点は良心からでた主張であり、嘘をつく理由はなく、また危険でしょう。

しかし、↓の和田氏は朝日や前川をネチネチ攻めるタイプのようだ。
自民の岡っ引に徹しているのは見事だが、事大主義なのだろう。仙台でなかったのに納得した。
https://twitter.com/wadamasamune/status/867749795078610945

まぁ、タダで自分のことを話すバカはいないし、
この前川という人は現場の教師なら「夜回り先生」のようなタイプの人だったかもしれません。
よく分からない間であろうが、不要に貶める発言を即するのが、民族系・神道系に多いですね。
昭和天皇が言ってた、神道が「宗教心が足りない」宗教というのが、
こういう人の一連の発言に流れる精神を見て納得がいきます。

ちなみに昭和天皇は平沼騏一郎や小磯国昭・宇垣一成のような右を嫌ったそうだ。
海軍の軍人は視野が広くサバサバしていて好きだったが、陸軍の軍人はネチネチしてたようだ。
職場環境で気風が違うのでしょう。

私は政宗の着眼点は好きです。

コメント(0)