So-net無料ブログ作成

鋼の錬金術師 7. 合成獣(キメラ)が哭く夜 [映像-他]

(2004日)国家錬金術師の資格更新のためには、年に1回研究成果を
報告しなければならなかった。

タッカーさんは、報告期限が近づきあせっていた。

かつて彼は、人語を話す合成獣(キメラ)の錬成に成功していた。
恐ろしい話でした。

haga.jpg
http://amzn.to/2miLdCK

----以下、ネタバレ

人の言葉を話すキメラを作るのに、妻を使い、子も使った。
犬と合成させた。

↑の絵の強面の錬金術師が、最後に、犬と合成した子の魂の召命を
神に嘆願するシーンには胸に迫るものがありました。

ここまで深いアニメとは驚きでした。

ドラ○ン○ールでは、死んでも「豆」で復活するので
命や魂のことは考えなかったですね。
コメント(0) 

適用除外新規追加(DV愛国者逮捕される) [VBC-細]

①はじめに

三橋貴明氏が逮捕された。(参考)→http://archive.is/SS8ST

今から6年程前、2012年頃に私は、氏を政治ブログランキングで知った。

が、どうもブログで名前こそ出されないものの私を醜くディスるような書き込みが何度かあった。
人格と存在を否定するものだった。堪えた。

他人に示せる証拠は残されなかったため、見るのを止めた。


が、どうもDV男だったようだ。これが教育勅語だの語る愛国者かと呆れた。
無駄だったかもしれないが、もっと早く適用除外にしていれば違った展開だったかもしれない。

 通常逮捕と現行犯逮捕があるが、家族への平手打ちぐらいでは、
普通は逮捕されないようだ。その重みを↓動画では解説してくれていた。

(参考)
DV三橋貴明氏を擁護する人は2度と私の動画を見ないで下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=GtLOoBQh1z4


そこで、消極的ではあるが、適用除外を設定します。



②適用除外新規追加(仮称 Maybe Exempted Family)(略称 MEF)

  三橋貴明氏(本名・中村貴司)を私が 84歳に満たずに
 他界した場合の適用除外一族とします。


③無効条件

 聖職者(三位一体論を認めるキリスト教聖職者) を通して、
 今年中に下記の連絡があった時、

(A)2013年まで、私の存在自体知らなかった。
  (B)私のことを知ってはいたが、ディスったことは一度も無い。
  (C)ディスったので誠意ある謝罪をしたい。

  「DVは二度としない」という趣旨の言葉と共に(A)(B)(C)のいずれか、
   (C)ならば、具体的な文書を添えること。

 
  ②の設定をそもそも無効とします。

 
④おわりに

 ・特に、安倍晋三もしくは神社本庁さんの異論がなければ、1月14日より本文書を有効とします。
 ・平均寿命スライドがあります
 ・当ブログ全般に通じることですが、解釈は当方が行います。
コメント(0) 

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [映画]

(2013日)主人公素子は、公安9課の前、陸軍501機関に所属していた。
そこでの恩人のマムロ中佐が殺された事件で、公安9課の荒巻課長が
調査に乗り出し、自分も真相に迫っていく。

2027年6月で、自分の意識以外はサイボーグで構成されており、
記憶も外部からのアクセスで改竄されもする世の中が訪れる。

義体の技術が向上することで、障害を補うという発想は無くなる。
監督が変わり、派手な映像美は無くなったが、
話の展開に着いていくだけで頭の訓練になりました。



攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [DVD]

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



コメント(0) 

プラネテス PHASE-07 地球外少女 [映像-他]

(2003日)前回のビル火災で入院することとなったハチマキは、
入院することとなる。今回はそこで出会った2人の物語。

1人は同室の患者。歴戦の宇宙飛行士だった。
彼の宇宙への拘りと死生観は、大航海時代の航海士に通じるのでしょう。

もう一人が、入院歴12年の少女だった。さすがに病名を聞くのが怖かった。
普通なら地球で高度な医療を受けるであろうはずが、違った。

今回のエピソードは、宇宙時代の日常を想像して、
よく考えたものだと感心でした。
一度、前回までで、見るのやめよかなと思ったことがあったが、
投げ出さなくてよかったですね。


ぷら.jpg
http://amzn.to/2EnbS7P
コメント(0) 

英雄たちの選択 新春スペシャル「幕末ヒーロー列伝 これが薩摩藩の底力だ!」 [映像-歴史]

(2018日)薩摩は凄いですね。関ヶ原で義弘が敵中突破し、
その後も粘って領土を保全する。
海外との密貿易で財力と情報で幕府からも干渉を排除する。

アヘン戦争での西欧への脅威から斉彬は開明策を積極的に採用。
そこから西郷や大久保が生まれたようだ。

駿才15名をイギリスに留学させたり、素晴らしい限りですね。
幕末のほとんどの局面で薩摩が関わっている。
もっと恐ろしい真実が出てきそうだ。


eiyu.jpg
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017084229SC000/?capid=nte001
コメント(0) 

鋼の錬金術師 6. 国家錬金術師資格試験 [映像-他]

(2004日)兄弟2人は国家錬金術師の猛勉強をした。
毎年1~2名しか合格しないそうだ。

失った弟の身体を元に戻すのが最終目的で、
その目的のためには、軍の犬になると決意した12歳の少年だった。

最先端の理系知識が要求されるのでしょう。
これは無理ですね。

haga.jpg
http://amzn.to/2CMGkva
コメント(0) 

プラネテス PHASE-06 月のムササビ [映像-他]

(2003日)2075年には月への移住は進んでいた。
重力が6分の1だったので、それを活かした遊びが発明された。
忍者ごっこだった。日本人に限らず誰でも忍者になれた。

そんな折、ビル火災があったが、彼ら忍者部隊が活躍することとなった。

高度の文明は、伝統を蘇生させる。
素晴らしい着眼でした。

515j37MquRL._SX180_.jpg
http://amzn.to/2FdqbNz
コメント(0) 

博士の異常な愛情 [映画]

(1964米)冷戦期の核戦争ブラックコメディー。
米軍の基地司令官が勝手にソ連への核攻撃を命令した。
爆撃機が向かった。
その基地の副官は大反対だった。

ペンタゴンで、会議が行われ、大統領をはじめ偉いさんが居並ぶ。

この作品は、ピーター・セラーズが、大統領と副官と博士と
1人3役をこなしている。

同じ1964年に同じ米ソ核戦争をテーマにした『未知への飛行』は緊迫感と現実感で押しているが、この作品はコメディーとなっている。

もう一度観たい作品ですね。





----以下ネタバレ

博士は全面核戦争になろうが、地下1000mで選ばれた10万人が生き残ればよいとしている。
そこから人口増加させて繁栄させるため、男1女10人の社会を提案している。
それを避けるのではなく、博士が積極的に望んでいるのに笑えませんでしたね。

大日本帝国でも、「たとえ焦土となっても・・・」と勇ましい言葉を口にする者がいたが、
自分は生き残る側を想定していたのでしょう。

コメント(0) 

適用除外レポート [VBC-細]

①family系

 ・適用除外確率一族

山口敬之氏(99),青山繁晴氏(96),菅義偉氏(95),杉田水脈氏(94),
北村サヨ (92),小河紀久生氏(91),岸信介(90),安倍昭恵氏(90),

安倍洋子氏(89+),高山正之氏(89),和田憲治氏(88),
土屋正忠氏(86),金美齢氏(85+),森本敏氏(83),
    
倉山満氏 (77),稲田朋美氏(75)

  
    尚、「岸田文雄氏(93)」は一応有効としておきますが、公開情報から考えれば不適切となりますので、
極めて例外的な措置として事情説明にて削除することが可能といたします。
   (平均寿命スライドと特別の加算がなされるケースがあります)


 ・適用除外一族 
      古屋圭司氏 
    


②施設系
       神奈川2区、岐阜5区、福井1区、
       山口2区・4区 の全神社

       松陰神社(山口県・東京都)
 山梨県甲府市、滋賀県近江八幡市・彦根市、香川県丸亀市の全神社
神戸市長田区・垂水区、東京都港区南青山の全神社

       
      ドリル系(神社17 寺院5)
      (参)適用除外新規追加ドリル系 
      http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2015-10-16
        
      ドリル系+  大鷲神社(千葉県) 鏡山神社(佐賀県)

コメント(0) 

君の名は。 [映画]

(2016日)話題作なので見た。が、無理が多かったですね。
お互いが入れ替わって、何度も学校いってるのに、
住所地すら正確に掴んでいない。
まず、「ここは、どこ?」「私はだーれ?」というのが第一の疑問でしょう。
学生手帳で、生年月日もスグに確認するでしょう。

物語の大きな設定は、よく考えたものだと感心はしましたね。
が、子ども向けでした。




コメント(0)