So-net無料ブログ作成
検索選択

講義「キリスト教美術の起源と展開」(京都・宗教系大学院連合) [映像-講義等]

(2013日)講師は小原克博氏(同志社大学神学部教授)
佛教大学での講義を公開されている。

絵画を歴史的な位置づけを頭に置きながら鑑賞するかしないかは大きく違う。
それを可能たらしめてくれる最小限の枠組みをセットしてくれる講義。

2時間半でしたが、大満足でしたね。




--- メモ ---

・イエスとは誰か?

聖書は100年でつくられた

・映画

「パッション」

生々しい描写を嫌う人もいるが、
脈々と西欧に流れている
→ これで点火となる場合もある。

一方

「聖★お兄さん」

  のように、イエスはユーモアのセンスがあったはず、


・西欧的なバイアスがかかっていた。
  西欧キリスト教はスタンダードではなくバイアス
   むろん蓄積はある

 
・宗教と文化

 宗教は文化の実態であり、文化は宗教の形式である



・宗教とイメージ

 利用 真言宗、カトリック、正教会
 否定的 禅宗 プロテスタント


・前提としての「偶像崇拝の禁止」

  像=王 エジプト・古代オリエント世界における「神の像」



・キリスト教美術の起源

  ラテン語エリートではない人々のための絵画
    マリア信仰・像が広まる

・キリスト教美術の展開
 
 カトリックは対抗宗教改革の中で美術を「近代化」
 プロテスタントはマリア像を否定
 正教会はイコンを重視
    イコン破壊運動8-9c 偶像崇拝の否定 イスラム占領の影響


・具体的作品

  フラ・アンジェリコ「受胎告知」
    マリアは第2のエバ


  ミケランジェロ「ドーニ家の聖家族」
    ヨセフを力強く描く、ダビンチは0 幼い頃母と離れる


  レオナルド・ダ・ビンチ「最後の晩餐」
    円光がない
 

  映画「ダ・ヴィンチ・コード」
聖杯伝説 宗教象徴学なぞハーバードには無い。
    カトリック-猛反発


  レンブラント「ペテロの否認」
    これも対抗宗教改革の文脈
    

  ミケランジェロ「最後の審判」
    天国と地獄とを描き分ける。教会の権威を示すのも目的にある


・終末論と文化

  死後生について聖書は、ほとんど何も記していない。
  煉獄ビジネス
     

・終末論の類型

・終末論的テーマを含むアニメ・漫画

 北斗の拳、アキラ、新世紀エヴァンゲリオン
「他界」願望 - ドラゴンボール、ブリーチ、鋼の錬金術師、攻殻機動隊


  風の谷のナウシカ
  - メシアニズム 犠牲と蘇り
  
    西欧の伝統的な終末論
善と悪の最終戦争
罪と報酬
男性主導のメシアニズム

    日本的な終末描写
善悪の彼岸へ
和解
女性主導のメシアニズム


  どちらが実際のイエスに近いか


・日本社会とキリスト教文化の接触
   -マリア像を中心にして-

  壁画、16世紀以降、板絵が広く用いられる

ザビエルの動機 対抗宗教改革が生み出した世界戦略

 
 聖画像崇拝の再確認 聖母崇拝の再確認 
トレント公会議で基本方針(1545-1563)

    土着文化化(Inculturation)
 政治的軍事的支配と結びついた


・カトリックの文化戦略
   「植民地化」を通して伝搬された
   スペインはレコンキスタの延長として異教徒を制圧する戦略
   ポルトガル・イタリアは融和的布教

・日本における聖母像の需要
 第1期(1549-1579) ポルトガルから輸入
 第2期(1579-1614) 聖画像を制作 ヴァリニャーノ来日以降
 第3期(1614-1873) 禁教・迫害 潜伏時代 
  ・納戸神(御前様)、マリア観音として


・さいごに-変容する宗教文化
  ローカライゼーションのパターンが美術を通して分かる
  植民地政策・禁教政策など政治的側面からの考察も
  キリスト教文化は伝統文化と大衆文化の両方に息づいている
   様態の違いを超えた「普遍性」に着眼
コメント(0) 

小原克博「宗教の風景──過去から現在まで」(講義「日本宗教」第2回、同志社大学) [映像-講義等]

(2015日)サラッと日本の宗教史に触れる。
教授は神社仏閣も写真で紹介され、実際に訪れ研究されている。
微にいる知識が散りばめられており、勉強になりました。



-----メモ-----

1968年 アポロ1号 地球の写真

コスモロジー 宇宙論 世界観

10万年前 象徴の使用 人間固有の能力
死者の葬送

チンパンジーも死を認識?
子の死に葛藤


「序詞」尹東柱 治安維持法違反で獄死


・日本宗教史のアウトライン

 アニミズム 欧18Cの新語 アニマ→アニメ

 
538仏教
752東大寺大仏

キリシタン弾圧 殉教 ノスタルジー

678上賀茂神社 立砂 陰陽思想 清めの塩の起源 雷の神様 電気関係者が参拝
平安文化 

真言宗 高野山 東寺
コメント(0) 

神のゆらぎ [映画]

(2014加)ある町の数組の男女の物語。

看護師の妻と白血病の夫は親夫婦も輸血拒否信仰者だった。
ある男性老人は長年の不倫相手の家に乗り込んだ。

ある30代の男性は罪の償いのために麻薬の運び屋となっていた。

その他の登場人物も合わせ、神の不存在を主張する。

「飛行機が墜落するのは全知全能の神がいないからだ」

とするが、その言葉で動く信仰者はいないだろう。

汚いシーンに参る人も多いでしょう。
話の脚本は、好き嫌いが割れるでしょうね。
感動する人もいるでしょうが、私は疲れました。


無神論者にとっては、「愛」を確認できるイイ作品なのでしょう。





コメント(0) 

小原克博「近代日本における政治と宗教──無教会主義を視野に入れて」 [映像-講義等]

(2012日)明治の宗教政策と無教会を生んだ内村鑑三を追う。
また、無教会の中でも、一枚岩ではなく、いくつかの流れがあった。

黒崎幸吉の非戦論、直解主義的な解釈で註解書を残した。

塚本虎二は、非戦論から「大東亜戦争」を「聖戦」として肯定し、
戦後は絶対平和主義を主張した。彼は多くのキリスト者を象徴する人物だった。

矢内原忠雄は戦争批判は貫くが、天皇へ熱烈な親愛を示し、天皇を平和主義者とした。
必ずしも昭和天皇を理解していたわけではなかった。

無教会の歴史を知るに、初心者にとって最適なのでしょう。

13日に見た動画でしたが、メモを残していなかったので、
けっこう忘れました。記録は大事ですね。


コメント(0) 

「ダ・ヴィンチ・コード」を読み解く──キリスト教思想の視点から [映像-講義等]

(2006日)講師: 小原克博氏(同志社大学神学部教授)

おさらいを兼ねて拝聴いたしました。

ダン・ブラウンの捉え方を各キリスト教会がどう受けとめたか、
「事実に基づいている」としたことで火がつく。

彼の誤認をサラッと指摘するところと、
グノーシス的だとする解説が具体的で面白かったですね。


2006年の講演会ですが、「あぁそうだった。そうだった。」と
楽しく確認できました。


コメント(0) 

小原克博「ポスト世俗主義時代の政教分離──キリスト教、天皇制を視野に入れて」(立教大学) [映像-講義等]

(2012日)「戦後の天皇制」について講演依頼
専門外だが、引き受けられたそうだ。

ポストセキュラーという概念で、これからを考えるに、
日本では明治期に独特な形で近代化を図ったことを確認し、
「戦後の天皇制」を捉える。

が、戦前戦後は分離よりは連続していること、
また日本単独ではなく、世界的視野で捉えなければ分からない。

氏の周辺知識・教養の厚さ深さに、啓発されました。



----- メモ -----


1.はじめに

  天皇は「近代」そのもの
    脱魔術化 の役割
    日本の近代化は「宗教」を媒介 西欧は排除
    近代と近代以前の境界設定

ポストモダン・ポストセキュラーの「先取り」としての天皇
    京都学派
世界史の中で位置づける 
 

  政治神学
   「主権者とは、例外状態に関して決断を下す者である」
カール・シュミット『政治神学』1933

ナショナリズムの位置づけ
信仰と国家の関係 - 秩序原理への問い



2.近代日本の政教分離

    神社非宗教論 国民道徳にする

      道徳=公的領域 国家神道教育勅語
      私的領域  教派神道、仏教、キリスト教等


   ナショナリズムとミリタリズム
    帝国憲法 天皇を基盤としている 第1章
日本国憲法 1条と9条に分離


3.天皇とキリスト教 - 河井道

   GHQ フェラーズが助言を請う

    父が伊勢神宮神官、失職
    御真影を拒否しながら、同時に天皇の擁護者だった

    新渡戸稲造の影響  
           地上の権威



  矢内原忠雄 天皇を平和主義者として理解
  賀川豊彦
  滝沢克己 ドイツでバルトを学ぶ
  永井隆 カトリック  (神の摂理としての原爆)

   その時代の葛藤に迫る

  
4.天皇とアメリカ

吉見俊哉、テッサ・モーリス・スズキ
『天皇とアメリカ』集英社2010 168

   天皇がアメリカという帝国の秩序の一部でありながら、
  日本社会における公共領域を一面で代補し、・・・

 天皇とアメリカの相互補完関係 


  ・公共領域
    例外状態で見える

    天皇による被災地訪問とトモダチ作戦



5.戦後の神話

  ・象徴天皇制は伝統への回帰
    津田左右吉、和辻哲郎、
    中曽根康弘(むしろ元に戻った)
   『国民の天皇』ケネス・ルオフ共同通信社2003

  が、明治立憲君主制の改良版
    
    国民の総意ではない
明治時代の産物 西欧の影響



  ・平和主義者としての天皇
    軍部によってだまされ、犠牲になった天皇という国民的イメージ
  

6.世俗化・世俗主義そしてポスト世俗主義


  ・世俗化と世俗主義 - 宗教の公共性・公益性をめぐる問い


  ・ポスト世俗主義の多様性

   ・西洋:紛争回避の知恵としての世俗主義とその限界の認識
・イスラームの世界:植民地化の産物としての世俗主義と
   民主化革命以降の正教関係の変化(流動化)

・日本:天皇制の中のポスト世俗主義そして3.11以降

   西洋の場合
    ・倫理的要請としての世俗主義(政教分離)

   『世俗の形成 - キリスト教、イスラム、近代 』
     タラル・アサド みすず書房2006、131


  ・ポスト世俗主義

     世俗的/宗教的といった概念的二分法への批判

単に回帰ではない。

   ・イスラーム世界の場合
 エジプト、宗教的少数者が逆に保護されていた
     新しい正教関係が模索
   
   ・日本の場合
      「宗教」religion 20年かかった
   
      「宗教」の原型としてのキリスト教

     ・「近代」とは何だったのか


   3.11から見える動物・人間関係 


  まとめ

   非存在者への倫理
  
     あまり戦前戦後を分断して捉えてはならない
    世界的視野で位置づける
コメント(0) 

上野景文「ローマ法王の悩み」 [映像-講義等]

(2010日)4年間バチカン駐箚特命全権大使をされた上野景文氏の講演

バチカンの簡単な歴史から現在の問題点まで、貴重なご経験を語られる。
ご自身で撮影された写真も数枚公開されながら、
一般的には知られていない習慣なども説明くださる。




---- メモ ------



2つの名称

VCS Vatican City State バチカン市国
HS Holy See 法王聖座


1929年 ラテラノ条約 
    → 人類的視点にたって、道徳を語る
  モラルパワーの向上


スンニ プロテスタント的
シーア カトリック的


元旦に所見を述べる。


「法王の社会ドクトリン」
 

・科学信仰
・人権自由信仰
・「母なる自然」信仰 → 動物権

世界全体では宗教復権
外交当局でも宗教に着目

コメント(0) 

小原克博「日本宗教への導入」(講義「日本宗教」第1回、同志社大学) [映像-講義等]

(2015日)同志社大学小原克博氏の2015年度春の講義。

90分の講義の中で、質量を詰め込み流暢に展開されている。




--- メモ  ---

講義全体のイントロダクション。

神社や仏閣、あるいはモスクなどの建物は宗派や宗門の違い・世界観をシンボライズしている。

象徴を読み解くというのは面白い作業。
(ダヴィンチコード、インフェルノ)

1875年 同志社できる。

江戸時代のキリシタン弾圧は世界史的には有名

19世紀末、キリスト教の再接触
仏教・神道という言葉・カテゴライズ自体も明治期に作られる
宗教という概念も、極めて近代的な概念。

仏教勢力が同志社耶蘇教排撃運動


・新宗教
  黒住・天理・金光・大本  江戸末期頃から

    立正佼成会 創価学会 戦後はオウム真理教 など

   時代が激動の時に産まれる
     スピリチュアルブームもそうかもしれない


新宗教を世界史視点・比較宗教学の視点から捉える

   キリスト教や一神教と日本宗教を対立させるのではなく比較する


未来予測 2050~2070頃
キリスト教・イスラム教は3分の1ずつ程度となる
仏教は減る

          小原氏はこれからの日本の経済を支えるには
  外国人に頼らざるを得ないとする。



・宗教と文化

   下賀茂神社
   金閣寺-三層構造  臨済宗相国寺派 相国寺は金閣寺・銀閣寺の親玉
   南禅寺 
   祇園祭 祭は神道・稲作と関係あるので原則、春と秋 夏祭は例外的
例外なのは事件があったから


   奈良の大仏  イスラムにとってはグロテスクな偶像そのもの


  要するに、宗教は文化の実態であり、文化は宗教の形式である。


・文化としてのアニメ・漫画

  ドラゴンボール 死生観が反映 死者の世界でも修行し戻って来る
  ポケモン 保守的なクリスチャンからパッシング 進化 キメラ-悪魔の象徴
  鋼の錬金術師 7つの大罪 生きてる者と死んでる者を繋ぐ
  宮崎駿の世界

・アニメの中のアニミズム

  もののけ姫 動物供養
  高野山 しろあり供養 
  菌塚 製薬会社の供養 外国人からみたらイカレている
  ケンタッキーフライドチキン  チキン供養祭 日本だけ
コメント(0) 

その時歴史が動いた 羽柴秀吉、謎の敵前退却 〜賤ヶ岳合戦・勝利の秘策〜 [映像-歴史]

(2001日)天正10年(1582)6月2日、本能寺にて信長と長男信忠が死去。
毛利と和解した秀吉は、13日に山崎の合戦にて光秀を討つ。

その功績を片手に、27日の清州会議に臨んだ。
とはいうものの、この時点では単に織田家の有力者の1人に過ぎなかった。

会議を招集した織田家筆頭家老の柴田勝家は、
まず、後継者問題を議題とし、三男信孝を推した。
が、秀吉は信忠の3歳の息子三法師を推し、丹羽長秀の賛同を得た。
丹羽とは事前に領地配分の合意ができていた。

次は領地再配分だった。
秀吉が手塩にかけた長浜城を勝家は要求したが、
秀吉は勝家の養子の勝豊なら筋が通るということであっさり了承した。
勝家と仲が悪かったことを知っていての機転で、
後日あっさり寝返らせた。

翌年の賤ケ岳の戦いは、長篠設楽原の例に従い陣を構築。
さすがに勝家は無理と判断し兵を引いた。
そこへ、美濃の信孝が挙兵し、挟み撃ちされる危険が生じた。
秀吉は大垣城まで南下する。
これを機に勝家は総攻撃で陣を突破した。

ここから勝家の独断場になると思いきや、大垣の秀吉は
電光石火で賤ケ岳へ向かった。これが見事だった。
これまで秀吉にはネガティブな見方をしてましたが、
今回は、感服し寒くなりました。

一方の勝家は信長が追放した将軍義昭に親書を送るなど、ことごとく古い体質だった。
信長を君主とする古参武将としてなら最大限の活躍をしたのでしょう。


羽柴秀吉 VS 柴田勝家 / 賤ヶ岳合戦 勝利の秘策 /... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

『どの聖書?』知られざる聖書の歴史* [映画]

(2013日)様々な聖書が存在するが、その経緯と違いを概説する。

カトリックは聖書を独占し、人々は服従を強いられ、
教会権力の腐敗を目にした人たちは、聖書を直接読みたくなった。

12世紀のイタリア北部からワルド派が誕生し、
彼らは自らの聖書を持った。

英国でも、14世紀のウィクリフが英語訳を誕生させ、
16世紀にティンダルが多くの書簡を英訳した。

1611年の英国のジェームズ1世が命令して作らせた聖書を「欽定訳聖書」と言うが、
国教会で使った。この欽定訳の8割がティンダルの翻訳を使ったようだ。

その他、旧約の70人訳聖書から、現代に至るまでをサラッと学べるが、
SDA(セブンスデーアドベンチスト)の作品であり、「欽定訳聖書」が正しいとする内容。

その是非は置いといても、聖書の歴史を知るのに
イラストが豊富であり、また大事なポイントは何回か繰り返してくれるので、
分かりやすく、大満足いたしました。


コメント(0)