So-net無料ブログ作成

その時歴史が動いた 信長 執念の天下統一 〜大坂本願寺との十年戦争〜 [映像-歴史]

(2002日)秀吉が大阪城を築く前は、本願寺の拠点だった。
1568年に信長が浅井長政と共に上洛し、足利義昭が15代将軍となる。
義昭から副将軍や他の地位も示されたが拒否した信長の目的は
「天下布武」だった。

まず、大阪本願寺に矢銭5千貫と退去を要求した。
むろん受けるはずがなく、血みどろの戦となる。
このころは、義昭と信長の関係は部分的な対立関係はあっても
共同歩調をとっていた。

1570年に、上洛を拒否した朝倉を潰すつもりだったが、
浅井長政が裏切り、「金ケ崎の戦い」から脱走した信長は、
浅井・朝倉と「姉川の戦い」に突入した。

この頃の「信長包囲網」は浅井朝倉の他、三好三人衆、延暦寺、
荒木、六角、筒井など名を連ねる中に、もちろん本願寺も加わった。

が、1571年には将軍義昭が「御内書」で反信長を呼び掛けた。
甲斐の武田信玄、雑賀・伊賀・甲賀の忍者も加わった。

が、1573年に信玄の死により、浅井朝倉の滅亡。
1574年に義昭は京都を追放される。

大阪本願寺は頑張っていた。食料不足で困った際は、
義昭経由で毛利輝元に援助を申し出て、村上水軍が1576年に成功した。
この時の海上輸送を妨害するのに失敗したのは村上水軍の兵器だったが、
これに対して、信長は改善を行い、1578年の輸送に対して九鬼水軍は鉄甲船を準備し、本願寺の輸送路は断たれることとなる。

この状況にて1580年に信長は「勅命講和」を使って本願寺を退去させた。
が、息子の教如が抵抗。放火までしたようだ。
この流れが後の東本願寺となり、数々の「武勇伝」で存在理由が問われることとなったようだ。


信長・石山本願寺との10年戦争・その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 古代中国・項羽と劉邦 後編「勝利への60万人の大合唱 四面楚歌」 [映像-歴史]

(2003日)

「四面楚歌」
「背水の陣」
「左遷」

も、この時代を由来としていた。

左遷が、項羽が天下を取り、領地を好き勝手に配分したが、
劉邦が漢中で、単に地図上で左にあったことからだった。

2人の対決の終局の四面楚歌、
劉邦は異なる国や民族で合わせた60万の軍勢に
楚歌を歌わせた。

彼の人心掌握術の賜物だが、
誰かの発案に一笑に付すことなく実行した。
過去にも事例があったのならば司馬遷が残したでしょうから、
恐らく「四面楚歌」が初なのでしょう。

この時代も、奢れる者は滅ぶということを、
劉邦は身に染みて理解し再起したのでしょう。

項羽と劉邦 / 後編 / 四面楚歌 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 戦国の剣豪、太平を築く 〜柳生宗矩・「活人剣(かつにんけん)」の真実〜 [映像-歴史]

(2007日)父宗厳の代1585年に太閤検地で隠田がバレて所領を没収された。
1594年に家康に200石で宗矩は仕えた。

剣で仕えたはずが、裏仕事を要求される。
元々忍者の出自で伊賀とも関係していた。それを家康は買った。
忍の仕事は当時では表だって誇れるものではなかったようだ。

が、1600年の「関ヶ原」の勝利で秀吉に没収された2000石を戻された。
1601年に秀忠の兵法指南役。
1615年の「夏の陣」で秀忠の陣に攻めてきた豊臣勢7名を宗矩が斬った。

又、家光の兵法指南役にもなり、粗暴な家光に人格的に影響を与え、
それまでの恐怖政治の秀忠時代の武家諸法度が、1637年に改正され軟化する。
そして、全国の大名を監察する大目付となり、睨みをきかした。

剣豪でありながら、人を殺めたのは「夏の陣」の7人だけで、
「活人剣」を提唱し幕府の安定に苦悩し寄与した生涯だった。
改めて、家康は幅広く人を用るのだと寒心しましたね。


柳生 宗矩・戦国の剣豪 太平を築く / その時歴史が... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 古代中国・項羽と劉邦 前編「天下を分けた運命の宴 鴻門の会」 [映像-歴史]

(2003日)前半は、鴻門の会まで。いくつかのエピソードの紹介程度ではある。

圧政を行った秦の始皇帝が死に、各地で反乱となる。
楚王の「秦の咸陽へ行く者を王とする」という言葉に名乗りを挙げたのが、
項羽と劉邦だった。

項羽はほぼ直線距離を進み、敵は滅ぼした。
裏切りかねない秦の捕虜20万を生き埋めにもした。

劉邦は、方向を定めず進み、項羽よりも倍近い進軍距離だった。
が、劉邦が先に咸陽についた。

項羽がキレかける。項羽40万 x 劉邦10万なので、
劉邦は臣従の手紙を出し、「鴻門の会」と呼ばれる宴会となる。

劉邦と軍師張良の2人だけで敵陣にいかざるを得なかった。
そこで、屈辱的な対応を受けたが、その内容が今回のメイン。

私は20万を生き埋めにした項羽が義人とされ現在も慕われているというのが
理解しかねますね。


項羽と劉邦 / 前編 / 鴻門の会 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 天神・菅原道真 政治改革にたおれる [映像-歴史]

(2002日)菅原道真といえば、「白紙に戻った遣唐使」だった。
当時の東大学長を務めていた。

その彼が、宇多天皇の右腕となり、政治改革を断行していく。

が、宇多天皇が譲位して息子が醍醐天皇となる。
13歳の息子に「全て道真に任せろ」と言っていたようだが、
藤原時平の謀略で九州大宰府に単身左遷させられた。

失意の内に左遷後2年で他界する。

番組では完全に道真善、時平悪の構図で作成していたが、
時平も21で父を亡くし、父に抑えられていた宇多天皇の親政に
劣勢に立たされた。が、己の才覚で逆襲を成し遂げた。

が、陰湿な手段で魂を赤く染めてしまうと、
栄華も長く続かないのでしょう。
最終的に39で死に、時平の系列は絶えてしまった。


菅原道真・政治改革の挫折・その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた さらばサムライ ~西郷隆盛 徴兵制の決断~ [映像-歴史]

(2005日)江戸幕府を滅ぼした西郷は、疲れて鹿児島で温泉生活に入った。
新政府では役人が賄賂を貪り、政治改革が求められた。

木戸や大隈が中央集権化を図って廃藩置県や官僚機構、税制度を整備したかった。
山県が薩長土で構成する御親兵を提案したようだ。
その兵の上に立つ人間として西郷が相応しかったし、敵にはできなかった。

説得に、大久保が来たが失敗し、弟の従道に折れたようだ。
明治4年正月、西郷と大久保が鹿児島を出た。

廃藩置県の謀議には薩摩4名長州3名だった。
薩摩(西郷隆盛、西郷従道、大久保利通、大山巌)
長州(山県有朋、木戸孝允、井上馨)

明治天皇には西郷から伝え、7月14日、廃藩置県を断行した。

明治6年には徴兵制を導入した。
大村や従道、山県が積極的だった。西郷も説得され納得する。

当時の日本では7万程の軍人がいれば守れたそうだが、
武士は40万もいた。又、近代戦に身分制度は邪魔だった。

西郷はそれを承知で、明治10年に西南戦争で死ぬことを選択した。


西郷隆盛 : 徴兵制の決断 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 夢は征夷大将軍 〜徳川家康・逆転の戦略〜 [映像-歴史]

(2003日)1586年に秀吉の妹と結婚した後、母まで送ってきた秀吉に臣従した。
1590年の北条征伐の後、家康は転居することとなった。

本拠地の三河をはじめ今川領だった遠江・駿河、武田の甲斐と信濃の五カ国だった。
思い入れのある土地から、いきなり関八州となる。

150万石から250万の加増とはいえ、未開地で湿地帯だった。
また京都から遠かった。
が、家康は、2週間程で江戸に赴き、土木工事にとりかかって江戸を整備した。

92年に鎌倉の鶴岡八幡宮の造営を秀吉に命じられたが、
その際に、源氏を名乗った。85年に秀吉は信長没後3年で関白となっていた。
又、91年に秀吉の男児の鶴松が他界する。
ポスト秀吉を大きく意識した瞬間だったのでしょう。

1592年と97年の両朝鮮出兵に家康は参加しなかった。
これが、後の兵力の温存となる。

1600年の「関ヶ原」勝利の後、種々の働きかけを行い、
源氏という血筋であることを紙に記し、征夷大将軍となった。

面従腹背人生の結晶だったのでしょう。


徳川家康 / 征夷大将軍 就任 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 武田家滅亡の謎 〜戦国最強軍団はなぜ滅びたのか〜 [映像-歴史]

(2005日)勝頼再評価の回。1573年3月信玄が病に倒れる。
家督を継いだ勝頼は積極策に出、信玄すら取れなかった高天神城を得る。
評価を得たが、不安も与えたようだ。

1575年、徳川領に攻め込んだ「長篠の戦い」に敗れ、領国の再建を図る。
商人を家臣に加え、鉄砲の確保と近代化を急速に図る。

1577年、北条氏政の妹を妻に迎えるが、1578年3月越後の上杉謙信が病死。
謙信の甥の景勝と妻の兄景虎が共に謙信の養子となっており、対立となる。

出兵し、電光石火で景勝を滅ぼすべきだったが、和議を図ろうとする。
が、南方で家康が攻めてきたので自軍を南下させた結果、景勝が勝利する。
当然に、北条氏政は激怒、対武田で家康と組まれた。

その後、勝頼は妹を景勝に嫁がせるが、対織田同盟とはなったが、
1582年に滅ぼされることとなる。

徳川に包囲された高天神城を放置したとされ、勝頼の威信が激減、家臣の心が離れていったとされる。
が、実は信長の謀略だった。
信長は家康に、「高天神城の降伏の申し出を受けるな」という手紙を送っていた。
その上で、悲惨な結果をもたらし、勝頼の責任だと言いたてたようだ。

まだ謙信が存命の頃、信長から越後を条件に和議の申し出があり拒否したが、
この拒否により徹底的に信長にやられた。
が、信長包囲網を抜けて和議したとして、謙信と戦って勝てる自信があったのか、
また、寿命を見越したとしても、どういう展開が考えられたのか。

私も、勝頼はよくがんばったと思いますね。
相手が悪すぎたのでしょう。


武田勝頼は 無能ではなかった・その時 歴史が動いた 投稿者 byzantine-basileus-z
コメント(0) 

英雄たちの選択 衝突!その時 男は何を見た 征夷大将軍・坂上田村麻呂‬ [映像-歴史]

(2016日)794年に平安京に遷都した桓武天皇の時代、東北地方の蝦夷は朝廷にとって許せない存在だったようだ。宮城県の多賀城を最前線の拠点とした。

791年、京都の坂上田村麻呂は、多賀城に転勤することとなった。
大伴弟麻呂が征東大使で、副使だった。

797年に征夷大将軍となる。

敵の蝦夷は部族社会でそのリーダーはアテルイという人物だった。
統率と用兵に長けた人物のようで、苦戦させられたようだ。

が、田村麻呂は戦闘での勝利に執着せず、戦略的に対応し、
アテルイが自ら降伏のため足を運んでくるまでに追い詰めた。
そして、京都へ連れて行くが、
アテルイは自分が仲間を説得するのでと助命を申し出た。

が、田村麻呂にとっては、失敗すれば自分の首が危なくなるリスキーな申し出だった。
しかし、彼は助命を嘆願したが、桓武天皇は殺すこととした。

今回の「選択」は、自分が田村麻呂なら、アテルイの申し出にどう対応するかだった。


eたち 征夷大将軍 坂上田村麻呂 20170302 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

その時歴史が動いた シリーズ秀吉の猛将 後編「豊臣家存続の秘策 〜加藤清正 二条城会見〜」 [映像-歴史]

(2008日)秀吉の小姓で、1573年に浅井長政が討たれた後の近江長浜城主だった秀吉に11の頃に仕える。

1582年、「本能寺」の後の、明智光秀との「山崎の戦い」、柴田勝家との「賤ケ岳の戦い」に参加、特に後者での活躍で、「賤ケ岳7本槍」の1人とされた。

1587年の九州平定で佐々成政が肥後を治めることとなったが、
無理に検知を行い、35000もの一揆が起こる。
その鎮圧軍に参加し、清正は志願し北肥後19万5千石を治めることとなった。

現地への着任前日に手紙を届け、統治方針を示した。
彼の正義感が伝わったのだろう。善政を敷くことができた。

後、1600年の「関ヶ原」で東軍につき、西軍に付いた小西行長の南肥後も
治めることとなり、52万石の大大名となる。


が、彼の心配事は、豊臣秀頼のことだった。

1611年、家康は兵10万と共に京都に移動。秀頼を招いた。
秀頼の母、淀は反対だったが、清正が付いて秀頼は京都に向かう。
が、ここでの家康と秀頼の会見を無事に終え、帰宅する途中、清正は倒れることとなった。

番組では触れなかったが、毒殺説もあるようだ。
罪なき人間を殺める手段を、家康は取り得たか。
1615年の「夏の陣」の結果から考えれば、この智将を殺すことが正解だったかもしれない。
が許される性質のものではもちろんないですね。

彼は秀頼を案じ熊本城を特別仕様とするなど、人生を秀吉に捧げた。
実に立派な忠義の武将でした。


加藤清正・二条城会見・その時歴史が動いた  投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0)