So-net無料ブログ作成
検索選択

その時歴史が動いた さらばサムライ ~西郷隆盛 徴兵制の決断~ [映像]

(2005日)江戸幕府を滅ぼした西郷は、疲れて鹿児島で温泉生活に入った。
新政府では役人が賄賂を貪り、政治改革が求められた。

木戸や大隈が中央集権化を図って廃藩置県や官僚機構、税制度を整備したかった。
山県が薩長土で構成する御親兵を提案したようだ。
その兵の上に立つ人間として西郷が相応しかったし、敵にはできなかった。

説得に、大久保が来たが失敗し、弟の従道に折れたようだ。
明治4年正月、西郷と大久保が鹿児島を出た。

廃藩置県の謀議には薩摩4名長州3名だった。
薩摩(西郷隆盛、西郷従道、大久保利通、大山巌)
長州(山県有朋、木戸孝允、井上馨)

明治天皇には西郷から伝え、7月14日、廃藩置県を断行した。

明治6年には徴兵制を導入した。
大村や従道、山県が積極的だった。西郷も説得され納得する。

当時の日本では7万程の軍人がいれば守れたそうだが、
武士は40万もいた。又、近代戦に身分制度は邪魔だった。

西郷はそれを承知で、明治10年に西南戦争で死ぬことを選択した。


西郷隆盛 : 徴兵制の決断 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 III 暁の蜂起 [映像]

(2016日)シャアが士官学校に入学したのが宇宙世紀0074年。
ザビ家の御曹司ガルマと同期となる。

0077年、ガルマとシャアが地球連邦軍治安部隊に対し武装蜂起する。

キャスバルはザビ家根絶を誓っており、その目的のため、
名を捨て、ザビ家に近づき、後に効果的に殺すために関係を作る。

冷酷非情ではあるが、美醜で言えば、醜くは無い。

話の展開はやや無理があるも、突っ込むのは野暮で、
この作品は、シャアの「サイコパス」ブリを楽しむことが主題だろう。

「サイコパス」の予備知識があれば、
彼の行動を残酷で不快に感じることもなく、作品を楽しめるでしょう。

下に貼った本を読まずにこの作品のシャアを理解できるなら、
その人が「サイコパス」の可能性が大だと思いますね。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [DVD]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD





サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

  • 作者: 中野 信子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 新書



コメント(0) 

その時歴史が動いた 夢は征夷大将軍 〜徳川家康・逆転の戦略〜 [映像]

(2003日)1586年に秀吉の妹と結婚した後、母まで送ってきた秀吉に臣従した。
1590年の北条征伐の後、家康は転居することとなった。

本拠地の三河をはじめ今川領だった遠江・駿河、武田の甲斐と信濃の五カ国だった。
思い入れのある土地から、いきなり関八州となる。

150万石から250万の加増とはいえ、未開地で湿地帯だった。
また京都から遠かった。
が、家康は、2週間程で江戸に赴き、土木工事にとりかかって江戸を整備した。

92年に鎌倉の鶴岡八幡宮の造営を秀吉に命じられたが、
その際に、源氏を名乗った。85年に秀吉は信長没後3年で関白となっていた。
又、91年に秀吉の男児の鶴松が他界する。
ポスト秀吉を大きく意識した瞬間だったのでしょう。

1592年と97年の両朝鮮出兵に家康は参加しなかった。
これが、後の兵力の温存となる。

1600年の「関ヶ原」勝利の後、種々の働きかけを行い、
源氏という血筋であることを紙に記し、征夷大将軍となった。

面従腹背人生の結晶だったのでしょう。


徳川家康 / 征夷大将軍 就任 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 II 哀しみのアルテイシア [映像]

(2015日)キャスバルとアルテイシアは、地球で預けられ、
その後、どういう経緯でシャアとして登場することになるのか、
登場人物が揃いはじめる。

彼を強くしたのは、父が殺されたからか、母の優しさか、
文武に優れた少年に狂気が宿る。
何かが宿るには、悲劇が必要なのかもしれません。

この作品は、最低でも映画の3作品を見ていないと面白くなく、
大人しか見ないでしょう。
が、小学生向けのような小ネタがチラホラあり、意味が分かりません。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [DVD]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



コメント(0) 

その時歴史が動いた 武田家滅亡の謎 〜戦国最強軍団はなぜ滅びたのか〜 [映像]

(2005日)勝頼再評価の回。1573年3月信玄が病に倒れる。
家督を継いだ勝頼は積極策に出、信玄すら取れなかった高天神城を得る。
評価を得たが、不安も与えたようだ。

1575年、徳川領に攻め込んだ「長篠の戦い」に敗れ、領国の再建を図る。
商人を家臣に加え、鉄砲の確保と近代化を急速に図る。

1577年、北条氏政の妹を妻に迎えるが、1578年3月越後の上杉謙信が病死。
謙信の甥の景勝と妻の兄景虎が共に謙信の養子となっており、対立となる。

出兵し、電光石火で景勝を滅ぼすべきだったが、和議を図ろうとする。
が、南方で家康が攻めてきたので自軍を南下させた結果、景勝が勝利する。
当然に、北条氏政は激怒、対武田で家康と組まれた。

その後、勝頼は妹を景勝に嫁がせるが、対織田同盟とはなったが、
1582年に滅ぼされることとなる。

徳川に包囲された高天神城を放置したとされ、勝頼の威信が激減、家臣の心が離れていったとされる。
が、実は信長の謀略だった。
信長は家康に、「高天神城の降伏の申し出を受けるな」という手紙を送っていた。
その上で、悲惨な結果をもたらし、勝頼の責任だと言いたてたようだ。

まだ謙信が存命の頃、信長から越後を条件に和議の申し出があり拒否したが、
この拒否により徹底的に信長にやられた。
が、信長包囲網を抜けて和議したとして、謙信と戦って勝てる自信があったのか、
また、寿命を見越したとしても、どういう展開が考えられたのか。

私も、勝頼はよくがんばったと思いますね。
相手が悪すぎたのでしょう。


武田勝頼は 無能ではなかった・その時 歴史が動いた 投稿者 byzantine-basileus-z
コメント(0) 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア・セイラ編 I 青い瞳のキャスバル [映像]

(2015日)『ファーストガンダム』一年戦争の前史。
スペースコロニーへの移住が開始されて68年(宇宙世紀68年)、サイド3の自治共和国の議長ジオン・ズム・ダイクンが暗殺された。独立に言及する議会演説中だった。

その遺児が、後のシャアとセイラだった。

独立運動を支えてきたザビ家とラル家の争いに巻き込まれ、
地球へ逃れようとする。

その経緯を扱った作品。
シャアの声に違和感があったが、クリリンだった。

これまでシャアのザビ家への復讐の情念が分からなかったが、
これでスッキリする。


機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [DVD]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2015
  • メディア: DVD



コメント(0) 

英雄たちの選択 衝突!その時 男は何を見た 征夷大将軍・坂上田村麻呂‬ [映像]

(2016日)794年に平安京に遷都した桓武天皇の時代、東北地方の蝦夷は朝廷にとって許せない存在だったようだ。宮城県の多賀城を最前線の拠点とした。

791年、京都の坂上田村麻呂は、多賀城に転勤することとなった。
大伴弟麻呂が征東大使で、副使だった。

797年に征夷大将軍となる。

敵の蝦夷は部族社会でそのリーダーはアテルイという人物だった。
統率と用兵に長けた人物のようで、苦戦させられたようだ。

が、田村麻呂は戦闘での勝利に執着せず、戦略的に対応し、
アテルイが自ら降伏のため足を運んでくるまでに追い詰めた。
そして、京都へ連れて行くが、
アテルイは自分が仲間を説得するのでと助命を申し出た。

が、田村麻呂にとっては、失敗すれば自分の首が危なくなるリスキーな申し出だった。
しかし、彼は助命を嘆願したが、桓武天皇は殺すこととした。

今回の「選択」は、自分が田村麻呂なら、アテルイの申し出にどう対応するかだった。


eたち 征夷大将軍 坂上田村麻呂 20170302 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

その時歴史が動いた シリーズ秀吉の猛将 後編「豊臣家存続の秘策 〜加藤清正 二条城会見〜」 [映像]

(2008日)秀吉の小姓で、1573年に浅井長政が討たれた後の近江長浜城主だった秀吉に11の頃に仕える。

1582年、「本能寺」の後の、明智光秀との「山崎の戦い」、柴田勝家との「賤ケ岳の戦い」に参加、特に後者での活躍で、「賤ケ岳7本槍」の1人とされた。

1587年の九州平定で佐々成政が肥後を治めることとなったが、
無理に検知を行い、35000もの一揆が起こる。
その鎮圧軍に参加し、清正は志願し北肥後19万5千石を治めることとなった。

現地への着任前日に手紙を届け、統治方針を示した。
彼の正義感が伝わったのだろう。善政を敷くことができた。

後、1600年の「関ヶ原」で東軍につき、西軍に付いた小西行長の南肥後も
治めることとなり、52万石の大大名となる。


が、彼の心配事は、豊臣秀頼のことだった。

1611年、家康は兵10万と共に京都に移動。秀頼を招いた。
秀頼の母、淀は反対だったが、清正が付いて秀頼は京都に向かう。
が、ここでの家康と秀頼の会見を無事に終え、帰宅する途中、清正は倒れることとなった。

番組では触れなかったが、毒殺説もあるようだ。
罪なき人間を殺める手段を、家康は取り得たか。
1615年の「夏の陣」の結果から考えれば、この智将を殺すことが正解だったかもしれない。
が許される性質のものではもちろんないですね。

彼は秀頼を案じ熊本城を特別仕様とするなど、人生を秀吉に捧げた。
実に立派な忠義の武将でした。


加藤清正・二条城会見・その時歴史が動いた  投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた シリーズ秀吉の猛将 前編「戦国の風雲児 法の世に散る 〜福島正則 広島改易事件〜」 [映像]

(2008日)加藤清正と共に秀吉の小姓で、親戚でもあった。
数々の武功を上げたが、石田三成とは険悪だった。

よって1598年の秀吉死後、秀頼を補佐する五奉行五大老の合議制となり、
大老の一人前田利家が死去した日、加藤清正と共に三成を襲撃する。

三成が仲裁を頼った家康の裁きは三成蟄居で、清正・正則は不問だった。
当時は家康も秀頼を補佐する建前があり、清正・正則は三成よりも家康を信頼した。
ここは、武人のケミストリーというヤツなのかもしれません。

正則は1600年6月の会津征伐に従軍した。
が、7月に三成が挙兵。

正則らは東海道から西進。関ヶ原では先鋒を務めることとなる。
そして安芸備後の広島49万石の大大名となった。

が、彼らは、幕府ができた後も、秀頼を盛り立てようと清正と共に忠義を尽くそうとした。
そして、1616年の家康死後、秀忠に睨まれ、
杓子定規なコンプライアンス違反で、改易となる。
その後も残酷な結末でした。

「江戸時代、天下泰平の300年」というフレーズが空々しく響きますね。


福島正則 : 広島 改易 事件 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantine-basileus-z
コメント(0) 

英雄たちの選択 真説・山崎の戦い~なぜ光秀は天下をとれなかったのか?~ [映像]

(2017日)天正10年(1582)6月2日早朝、光秀は本能寺を襲撃した。
かつて「金ヶ崎の戦」で、浅井長政が逃がしてしまった教訓もあったので、
寝込みを狙ったのでしょう。

その後、2日で近江を落としたが、大阪には信長の3男信孝がいた。

光秀にとって秀吉の「大返し」は想定外だった。

信長と長男信忠を殺す以上、後継者問題が発生し、
誰かが担ぐと考えていなかったのだろうか。

やはり、下剋上の世で虐殺好きの信長とはいえ、
ローカルで歓迎されても、全国的には悪名を得ることになった。

正統性の問題は非常に難しいデリケートな問題ですね。

yamazakki.jpg
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017080635SC000/index.html
コメント(0)