So-net無料ブログ作成
検索選択
映像-歴史 ブログトップ
前の10件 | -

その時歴史が動いた 羽柴秀吉、謎の敵前退却 〜賤ヶ岳合戦・勝利の秘策〜 [映像-歴史]

(2001日)天正10年(1582)6月2日、本能寺にて信長と長男信忠が死去。
毛利と和解した秀吉は、13日に山崎の合戦にて光秀を討つ。

その功績を片手に、27日の清州会議に臨んだ。
とはいうものの、この時点では単に織田家の有力者の1人に過ぎなかった。

会議を招集した織田家筆頭家老の柴田勝家は、
まず、後継者問題を議題とし、三男信孝を推した。
が、秀吉は信忠の3歳の息子三法師を推し、丹羽長秀の賛同を得た。
丹羽とは事前に領地配分の合意ができていた。

次は領地再配分だった。
秀吉が手塩にかけた長浜城を勝家は要求したが、
秀吉は勝家の養子の勝豊なら筋が通るということであっさり了承した。
勝家と仲が悪かったことを知っていての機転で、
後日あっさり寝返らせた。

翌年の賤ケ岳の戦いは、長篠設楽原の例に従い陣を構築。
さすがに勝家は無理と判断し兵を引いた。
そこへ、美濃の信孝が挙兵し、挟み撃ちされる危険が生じた。
秀吉は大垣城まで南下する。
これを機に勝家は総攻撃で陣を突破した。

ここから勝家の独断場になると思いきや、大垣の秀吉は
電光石火で賤ケ岳へ向かった。これが見事だった。
これまで秀吉にはネガティブな見方をしてましたが、
今回は、感服し寒くなりました。

一方の勝家は信長が追放した将軍義昭に親書を送るなど、ことごとく古い体質だった。
信長を君主とする古参武将としてなら最大限の活躍をしたのでしょう。


羽柴秀吉 VS 柴田勝家 / 賤ヶ岳合戦 勝利の秘策 /... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

英雄たちの選択 激突!島原の乱 天草四郎vs.松平信綱 [映像-歴史]

(2014日)原城に閉じこもった3.7万の四郎勢に対して、老中松平信綱12.5万が対峙した。

1月4日に到着したが、前任の板倉が銃弾で死去していることもあり、
油断はしなかった。

包囲し兵糧攻めとした。

まぁ、ボーとしてても仕方ないので、
忍者に忍びこませたり、穴ほって下から入れるか試してみたりした。

また、オランダ船から砲撃させたりした。
これはポルトガルからの援軍の希望を挫くためだった。

この乱で、一揆を招いた松倉勝家が罪人として死罪となり、
全国の大名に武断統治から文治政治へと転化させた。



英雄たちの選択 : 島原の乱 ; 天草四郎 VS 松平信綱 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

英雄たちの選択 “日本”を生んだ戦い 新視点!壬申の乱 [映像-歴史]

(2017日)

663年、白村江の戦い
672年、壬申の乱


白村江の戦いで、唐・新羅連合軍に、倭・百済連合軍は敗れた。
さらに唐は高句麗を滅ぼし、倭のみが敵となった。

倭としては、両面外交をとることとなった。
が、670年に新羅が唐と争うこととなり、
唐は、倭に武具や金の提供を要請してきた。

671年に天智天皇が死去。弟の大海人皇子と息子の大友皇子が争うこととなった。

『日本書紀』では出家していた大海人皇子が征伐される前に決起し
わずか4日で3万の兵を集め、乱に勝利したという勝者の正当化文書らしい。
現実には綿密な計画が無ければ無理な話だった。

その解説が今回。

経験値の高かった大海人皇子の勝利となった。
彼はポスト天智の打診を断ったようだ。
引き受けるにしても3度目という常識もあったし、
白村江の敗戦と中央集権化による地方の疲弊の不満が、
自分に向くことも考えることができた。

そういう判断に皇后となり持統天皇となる妻の見識もあったようだ。
古代の東アジア情勢と内乱は、過ぎた遠い過去なのもあり、
不謹慎にも面白いですね。


jinsin.jpg
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017081221SC000/?capid=nte001
コメント(0) 

ライバルたちの光芒 天草四郎VS徳川家光 [映像-歴史]

(2013日)1637年に島原の乱となる。

家光はじめ、幕府側は、たかが一地方の農民一揆と侮っていたが、
16歳の少年が総大将であることを知り驚く。

幕府側司令官が板倉重昌。が原城攻撃で失点を重ね、
老中の松平信綱が派遣されることとなった。

板倉は、信綱到着前にケリをつけるため焦り、
翌年元旦に、原城に総攻撃をしかけるも、乱側の銃弾で死亡する。

これほどに乱側が強かったのは、
「関ヶ原の戦」や「大阪の陣」で戦った将たちが乱を指導していたためだった。
一方の幕府側は実戦経験がなかった。
板倉を銃弾で仕留めた男も、その一人だったようだ。

信綱は4日に到着する。
兵糧攻めにて殲滅とした。

そもそも天草四郎と家光とをライバルにするのも無理がある。
乱に至った藩主の松倉の施政が原因だと番組は一応触れるものの、
総じて高校生が表層知識を得る程度の内容になっていたのも、
45分なら無理もないのかと残念な番組ではあった。


ライバルたちの光芒・天草四郎VS徳川家光 投稿者 daisuki-kempou
コメント(0) 

その時歴史が動いた 憲法施行60年 特集 憲法九条 平和への闘争 〜1950年代 改憲・護憲論〜 [映像-歴史]

(2007日)10年前の憲法記念日に通常40分の放送を1時間に拡大した回。

昭和22年5月3日施行

から、

昭和35年(1960)9月7日

に、池田勇人新首相の発言「憲法改正は考えておりません」


までの13年間の、戦後史をおさらいする。


9条2項がバランサーとなって機能しているので、
1960年の安保改定を消極的に認めつつ、
自衛隊員の発言を使って、特に改正する必要はないとする番組。


憲法・第9条 : 1950年代 改憲・護憲論・平和への... 投稿者 byzantine-basileus-z
コメント(0) 

英雄たちの選択 徳川繁栄のカギは第二次上田合戦にあり!?凡庸の将軍・秀忠の真相 [映像-歴史]

(2016日)
「関ヶ原」に秀忠が遅参した。が、父に言い訳はしなかった。
むろん、事の子細は確か榊原康政が家康に熱く弁護していた。

確かに時系列で確認すると、秀忠に過失はなかった。
「すぐに西上せよ」という家康の手紙を受け取ったのが、
大幅に遅れての9月9日だった。

この時点で、誰も15日に関ヶ原で戦になるとか、1日で終わるとか
予測し得なかった。

14日に大垣城にいた石田三成勢が関ヶ原に向かい陣を築いた。
そこで家康は秀忠を待つこともできたが、待たなかった。

にもかかわらず、家康は秀忠の関ヶ原遅参を怒ってみせた。

この件で秀忠は「凡庸」というレッテルを張られることとなったが、
第2代征夷大将軍に家康は秀忠を選んだ。
1632年の死去だが、41の大名を改易させた。
私は秀忠は恐怖政治で平和の礎を築いたと思い込んでいたが、そうでもなかった。



eたち 徳川繁栄のカギは第二次上田合戦 20160908 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

その時歴史が動いた 源頼朝 魔法の大逆転 〜富士川の戦い〜 [映像-歴史]

(2007日)1159年の14歳にて、平治の乱で平清盛に捕まる。
翌年、伊豆に流される。

1180年に後白河法皇の皇子である以仁王が散らばっている源氏に檄文を送った。
頼朝は静観したが、平家が源氏を征伐すると聞き、選択は一択となった。

8月、40騎で決起する。が、敗れ安房に逃れる。
が、そこから短期間で『吾妻鏡』によれば20万に膨れ上がり、
富士川の戦いとなる。

かたや、平家では、清盛の孫維盛が総大将となって駿河まで来た。
が、圧倒的な兵力差と共に、士気に違いがあり、頼朝の圧勝となる。

が、頼朝は、このまま京都を目指さず、鎌倉に引き返し、
武家による支配を東国で行った。

この回は、富士川の戦い(1180)をクライマックスに頼朝の生い立ちから解説する。



源頼朝 : 魔法の大逆転 / 富士川の戦い / その時歴... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 織田信長・勝利の方程式 〜真説・長篠合戦〜 [映像-歴史]

(2000日)天正3年(1575)5月21日、武田15千は織田徳川38千に突撃した。

中学生の時に、勝頼が馬防柵に突っ込み、3段構え3千の信長鉄砲隊でヤラレタ、
と確か覚えた。

「以後、よーさん増えた鉄砲伝来」から32年も経って、
これでは勝頼はマヌケ過ぎる、少し変だな、とは思っていた。


が、現実は異なり、まず、梅雨時期であること、
武田側も鉄砲を持っており、信長はこの戦いを鉄砲の力で勝とうとは思っていなかった。

長篠城を守る奥平定能の息子に娘を嫁がせた家康だったが、
長篠城の守りは通常の外堀と内堀に更に中堀の3重とし、
500の兵で武田15千に耐え忍んだ。
援軍が来ることを知らせるために鳥居強右衛門は死を選んだ。

信長3万と家康8千だったが、陣城を作った。
雨で視界が閉ざされている中、1日で作る。

大軍勢を前に信長は誘い込む必要があり、酒井3千に奇襲させ両脇を挟む形となる。
そこで、勝頼は突撃することとなった。


裏切り者の奥平を成敗することと、代替わりがあって、
勝利で家臣団をまとめたいと焦っていた。
雨を待つなり、撤退の進言も、採用できなかった。残念ですね。

nagasino.jpg
http://tactical-media.net/%E9%95%B7%E7%AF%A0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84%E3%81%AE%E6%95%97%E5%9B%A0/



長篠合戦・実際は 攻城戦だった・その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 豊臣秀吉天下統一の必勝戦略 〜小田原攻めに秘策あり〜 [映像-歴史]

(2002日)天正18年(1590年)7月5日、小田原城が降った。
大名の氏直は早期に降伏を考えていたので高野山追放。
氏直の父氏政は断固反対だったので切腹。氏照も切腹した。

こうして籠城戦にて天下統一を成した日は、
戦国時代から近世に移行した日だった。(堺屋説)

この筋書きは秀吉の絵からはじまった。
それを解説する番組。

話自体はドラマでもよくある、

・大名の妻や淀を呼び寄せ、茶会
・一夜城

と、兵糧補給に力点を置いて解説する。

22万人の兵だったが、20万石の兵糧は10か月となる。
そのようなことは、北条勢は考えられない。
1561年に上杉謙信が10万で攻めてきた際も1か月も経ず退却させた。

誤算ではあったが、太閤検地で正確な兵糧計算を可能とし、
大阪湾から船で小田原まで運ぶことを、
予測できなかった北条の甘さ、とするのは酷でしょうね。


豊臣秀吉 / 天下統一への 必勝戦略 / その時歴史が... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 信長 執念の天下統一 〜大坂本願寺との十年戦争〜 [映像-歴史]

(2002日)秀吉が大阪城を築く前は、本願寺の拠点だった。
1568年に信長が浅井長政と共に上洛し、足利義昭が15代将軍となる。
義昭から副将軍や他の地位も示されたが拒否した信長の目的は
「天下布武」だった。

まず、大阪本願寺に矢銭5千貫と退去を要求した。
むろん受けるはずがなく、血みどろの戦となる。
このころは、義昭と信長の関係は部分的な対立関係はあっても
共同歩調をとっていた。

1570年に、上洛を拒否した朝倉を潰すつもりだったが、
浅井長政が裏切り、「金ケ崎の戦い」から脱走した信長は、
浅井・朝倉と「姉川の戦い」に突入した。

この頃の「信長包囲網」は浅井朝倉の他、三好三人衆、延暦寺、
荒木、六角、筒井など名を連ねる中に、もちろん本願寺も加わった。

が、1571年には将軍義昭が「御内書」で反信長を呼び掛けた。
甲斐の武田信玄、雑賀・伊賀・甲賀の忍者も加わった。

が、1573年に信玄の死により、浅井朝倉の滅亡。
1574年に義昭は京都を追放される。

大阪本願寺は頑張っていた。食料不足で困った際は、
義昭経由で毛利輝元に援助を申し出て、村上水軍が1576年に成功した。
この時の海上輸送を妨害するのに失敗したのは村上水軍の兵器だったが、
これに対して、信長は改善を行い、1578年の輸送に対して九鬼水軍は鉄甲船を準備し、本願寺の輸送路は断たれることとなる。

この状況にて1580年に信長は「勅命講和」を使って本願寺を退去させた。
が、息子の教如が抵抗。放火までしたようだ。
この流れが後の東本願寺となり、数々の「武勇伝」で存在理由が問われることとなったようだ。


信長・石山本願寺との10年戦争・その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 
前の10件 | - 映像-歴史 ブログトップ