So-net無料ブログ作成
検索選択

突入せよ!「あさま山荘」事件 [映画]

(2002日)1972年の事件。連合赤軍・あさま山荘事件の映画化。

過激派x警察 ではなく、あくまで警察内部の争いを描写する。
かなりヌルい。ダレたシーンが多いが、嘘ではなくリアルを優先したのでしょう。

こういう派手な事件は長野県警では、慣れておらず、
警視庁が応援に入る。が県警が面白いはずはなく、ことごとく邪魔をする。

犯人5名、人質1名で、1500人動員し、3名死亡,重軽傷者27名という惨事。
ともかく人質は無事だった。

この作品は警察視点なので、若松孝二監督は、反体制側の視点で
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』を私費で作ったそうだ。


突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: DVD



作品中、よくできた奥さんが登場するが、
カチンときたのかもしれない。
後日、別居となり、夫の行状を暴露したようだ。
コメント(0) 

闇金ドッグス [映画]

(2015日)ヤクザの組長から闇金を始めた主人公。
自分も闇金から借金をし、商売を始める。

地下アイドルなる世界があり、「キモオタ」のファンを客とした。
そのアイドルもファンもギリギリの状態であり、
それぞれが自ら生きるために、どこに「線」を引き、超えようとするかを
絶妙な"間"を使って演出する作品。シリーズとなるだけあり「教養」となった。


闇金ドッグス [DVD]

闇金ドッグス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0) 

バンク・ジョブ [映画]

(2008英)実話の銀行強盗モノ。彼らが襲った貸金庫に英国王女のスキャンダル写真が入っていた。

それだけでなく、偉い人のSM写真やその他、マズいモノが手に入った。
そのことで、命を狙われることとなる。

途中で気づいたが2度目だった。それでも面白かったですね。
1971年の事件なのでマネはできませんが教養になりました。
ジェイソン・ステイサム主演の大ヒット作品でした。


バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]

バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0) 

ビューティフル・マインド [映画]

(2001米)「ゲーム理論」の経済学への応用でノーベル経済学賞を受賞したジョン・ナッシュの伝記映画。
アカデミー主要4部門受賞。

統合失調症で入退院を繰り返していたが、妻の献身的な支えで社会生活を営めた。
いつ廃人となってもおかしくないところだった。

経済学賞の権威は高く、「脱帽」ではない敬意が与えられる。
全ての苦難が報われた瞬間だった。

言わずと知れた有名作。


ビューティフル・マインド [DVD]

ビューティフル・マインド [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



コメント(0) 

折れた矢 [映画]

(1950米)西部劇。白人xインディアンを描く。
現代ではインディアンの襲撃シーンはxだそうだが、1950年製なので、
派手にやっている。

とはいうものの、白人・インディアン双方の和平派と武闘派を描き、
アパッチ族長の穏健である勇者の姿と苦悩も映像にしている。

“戦いよりも平和の方が困難である”という和平派のメッセージは、
第2次大戦と朝鮮戦争を重ねたもののようだ。

1870年のアリゾナを舞台にした実話。
インディアンが英語を使うことが唯一のフィクションだそうだ。

折れた矢 [DVD]

折れた矢 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェームズ・スチュワート ジェフ・チャンドラー デブラ・パジェット
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD



コメント(0) 

スパルタカス [映画]

(1960米)紀元前73年に3度目の奴隷戦争が共和制ローマで起こる。
主人公は、そのリーダーで剣闘士だったスパルタクス。
「スパルタクスの反乱」とも呼ばれる。

「歴史上唯一の正しい戦争であった」と思想家ヴォルテールが評価したように、
不当な抑圧に対する武力闘争だった。

主人公をマイケル・ダグラスの父カークダグラスが演じる。
強そうには見えない知性ある奴隷を演じていた。彼は現在100歳で存命。

監督キューブリックは主演のカークダグラスと揉め、
「あの映画には失望した」と自分の作品とは認めなかったそうだ。

が、193分と長い、いい脚本だった。

スパルタカス スペシャル・エディション [DVD]

スパルタカス スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



コメント(0) 

黄色いリボン [映画]

(1949米)西部劇。退役6日前の大尉を主人公としている。
インディアンと騎兵隊の戦いだが、戦争映画ではない。
生々しいシーンは無く、駆け引きをコミカルに描いている。

あくまで騎兵隊の日常生活を軽快に描いた作品。
主題歌『黄色いリボン』が懐かしかったですね。

この曲がこの作品の記憶を人々に残した役割は大きい。

1950年前後の映画は、古き良きアメリカ人が登場し、
クラシックで上品な作品が多いのやもしれません。




黄色いリボン ニューマスター版 DVD

黄色いリボン ニューマスター版 DVD

  • 出版社/メーカー: IVC,Ltd.(VC)(D)
  • メディア: DVD



コメント(0) 

マッドマックス [映画]

(1979豪)シリーズの起源。暴走族x警察 復讐モノ。

オーストラリアの田舎町の暴走族が警察に追われ事故となり死亡する。
その復讐に警官が1人殺される。

その警官と仲のよかった主人公(メル・ギブソン)の怒りは
暴走族を逮捕するでは済まなかった。

ストーリーは無い。CGが無いので本物の迫力はある。
この作品でメル・ギブソンがスターになったそうだ。


マッドマックス [DVD]

マッドマックス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: DVD



コメント(0) 

ティファニーで朝食を [映画]

(1961米)高級娼婦をヘプバーンが演じるが、元々マリリン・モンローの予定だった。

モンローはイメージの固定化を嫌い断ったが、ヘプバーンは逆だった。

脚本は露骨な描写は避け、上品に変更したそうだ。
また、主役の娼婦を無力で弱々しい存在にすることで、作品を成立させたのでしょう。

挿入歌『ムーン・リバー』は誰もが耳にするのでしょうが、この作品だった。

時々捕まるツマラナイ万引き主婦は、本作の影響と腑に落ちる。


ティファニーで朝食を [DVD]

ティファニーで朝食を [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD



コメント(0) 

スタンド・バイ・ミー [映画]

(1986米)これは「名作」。3度目か4度目。オレゴン州の田舎町での4人の少年の冒険物語。

12歳の少年4人が、ある目的のために山へ行く。
様々なトラブルの中で喧嘩もし、友情を育み、成長する。

敵対する不良グループのリーダーに本物の怖さがあったものの、
繊細な描写と音楽で上品に仕上がった編集だった。

が、男の子の世界であって、1950年代末のアメリカに関心が無ければ面白くはない作品。
「」付きの名作なのは、原作では子ども時代の弱肉強食の地獄小説なのに、
映画では毒が落ちて綺麗な作品になったからで、評価は割れるようだ。

4人は確かに逞しく成長したが、「Happy 」かどうかは心の在り方だった。
未来は過去で決まるのではなく、常に現在の決断で作っていくものなのでしょう。
そう信じたい。


スタンド・バイ・ミー コレクターズエディション [SPE BEST] [DVD]

スタンド・バイ・ミー コレクターズエディション [SPE BEST] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0)