So-net無料ブログ作成
検索選択

タクシードライバー [映画]

(1976米)
ベトナム戦争から帰ってきた主人公はタクシードライバーの面接を受けた。
ロバート・デ・ニーロ演じるトラビスという男を通して、
70年代アメリカの治安も含めた「病」を描く。

トラビスは初めてのデートにポルノ映画を選択。
相手も喜ぶと思った。
怒った彼女に振られた後の彼の行動も歪んでいた。

第2次大戦の帰還兵は英雄として迎えられたが、
ベトナム戦争は違った。

アメリカンドリームの裏面のどうしようもない中で、
スコセッシ監督は不器用な帰還兵を描いた。

なるほど2016年の『沈黙 -サイレンス-』と
40年違っても、どこか通じる静寂感がありますね。
どちらも好き嫌いは割れるでしょうね。


タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]

タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0) 

神のゆらぎ [映画]

(2014加)ある町の数組の男女の物語。

看護師の妻と白血病の夫は親夫婦も輸血拒否信仰者だった。
ある男性老人は長年の不倫相手の家に乗り込んだ。

ある30代の男性は罪の償いのために麻薬の運び屋となっていた。

その他の登場人物も合わせ、神の不存在を主張する。

「飛行機が墜落するのは全知全能の神がいないからだ」

とするが、その言葉で動く信仰者はいないだろう。

汚いシーンに参る人も多いでしょう。
話の脚本は、好き嫌いが割れるでしょうね。
感動する人もいるでしょうが、私は疲れました。


無神論者にとっては、「愛」を確認できるイイ作品なのでしょう。





コメント(0) 

『どの聖書?』知られざる聖書の歴史* [映画]

(2013日)様々な聖書が存在するが、その経緯と違いを概説する。

カトリックは聖書を独占し、人々は服従を強いられ、
教会権力の腐敗を目にした人たちは、聖書を直接読みたくなった。

12世紀のイタリア北部からワルド派が誕生し、
彼らは自らの聖書を持った。

英国でも、14世紀のウィクリフが英語訳を誕生させ、
16世紀にティンダルが多くの書簡を英訳した。

1611年の英国のジェームズ1世が命令して作らせた聖書を「欽定訳聖書」と言うが、
国教会で使った。この欽定訳の8割がティンダルの翻訳を使ったようだ。

その他、旧約の70人訳聖書から、現代に至るまでをサラッと学べるが、
SDA(セブンスデーアドベンチスト)の作品であり、「欽定訳聖書」が正しいとする内容。

その是非は置いといても、聖書の歴史を知るのに
イラストが豊富であり、また大事なポイントは何回か繰り返してくれるので、
分かりやすく、大満足いたしました。


コメント(0) 

ローマ法王の休日 [映画]

(2011伊仏)

論評に値しない作品でしょう。
バレーボールや演劇シーンが無駄に長く感じる。

B級コントを豪華に撮影したゴージャス感で、
最後は、そういう落ちなのね、

と、少し時間が経って、後味悪くなる作品。



ローマ法王の休日 [DVD]

ローマ法王の休日 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



コメント(0) 

沈黙-サイレンス- [映画]

(2016米)原作遠藤周作。江戸時代初期の密入国者ジュゼッペ・キアラ神父の生涯。
役名はロドリゴ神父で、アンドリュー・ガーフィールドが熱演。
マーティン・スコセッシ監督の強気の2時間40分。
音楽無し、スローモーションすら無い編集。風や鳥、海、といった自然の音程度。
それで飽きさせなかった。

戦国末期には約30万の信徒がいたようだが、大弾圧となった。

師のフェレイラ神父が日本で棄教したと聞き来日を決意する。
が、当時はキリシタン禁教令下で神父の通報は銀300枚となった。

それでも神父不在だった信徒は神父の来日をミサが行えると心から喜んだ。

激しい弾圧拷問の時代だった。
塚本晋也演じる十字架上のモキチが死を迎えるに際し独唱する聖歌は胸につまる。

筑後守でキリシタン禁教政策の中心人物である井上政重をイッセー尾形が演じるが、
妙な「非寛容」で拷問を実行する。
映画では説明しなかったが、キリシタン大名蒲生氏郷の家来で自分もキリシタンだった。その井上が、幕府の人間としてどういう「さじ加減」で弾圧をしていったのかが、
一つの見どころでもある。

この時代の宗教政策と井上政重の研究は面白いのかもしれません。


沈黙-サイレンス- [DVD]

沈黙-サイレンス- [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0) 

デスノート Light up the NEW world [映画]

(2016日)4作目で面白くさせようとすると、
矛盾や無理を承知で登場人物を作ったり殺したりと、
盛り上げなければならないのでしょう。

キラに子どもがいたという設定にしても、
そんな余裕があったのか、相手が誰なのか、
当時に警察の目を誤魔化して、アメリカで育てるなぞ、
無理がある。
また、10歳程の子どもにデスノートを持たせても、
壊れるのは予測可能だろ、と、冷静に考えればあり得ない。

また、ラストの方で女刑事を殴ればいいだけなのに、
「やりすぎ」なので、ボーゼンとするしかない。

ドラゴンボールならフリーザあたりで疲れてきたようなもので、
やはり、難しいと思いますね。


デスノート Light up the NEW world [DVD]

デスノート Light up the NEW world [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



コメント(0) 

大日本帝国 [映画]

(1982日)分かりませんが、東映俳優勢ぞろいの豪華感にまず圧倒されました。

大東亜戦争を自衛戦争でABCD包囲網に嵌められたという基本線がありつつも、
日本兵が民間人を殺したことも含め、可能な限りマイナスなことも盛り込もうともしている。

よって、右からは左映画と言われ、左からは右映画だとされたようだ。

1940年の第2次近衛内閣から戦後の軍事裁判までを3時間をかけて詰め込む。

この作品は戦後37年で公開されており、終戦時に20代なら60前後で
その子の世代は成人しており、彼らを対象としている。
今日の戦後70年前後の作品とは異なり、無理に日本を美化しようとせず、
極力ありのままに作品にし、見る人たちの自分の人生に納得してもらおうとする、
脚本家と監督の意思が働いていたのでしょう。

恋物語を3組入れる。

1組はクリスチャンだが、教会に官憲が来て、
「イエスと天皇、どっちが偉いねん?」と、愚かなことを聞く。

弾圧の詳細には触れず、そこまでだったが、描写する。


が、陸軍参謀本部や海軍軍令部、連合艦隊などの、
命令と責任について検証するようなことは一切ない。

教養映画ではなく、当時の大衆娯楽映画として琴線に触れる作品だったのでしょう。

大日本帝国 [DVD]

大日本帝国 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



コメント(0) 

シン・ゴジラ [映画]

(2016日)今さらシンゴジラでした。義務のようなので借りましたが正解でした。
面白かったですよ。

怪獣ものだろ。と懐疑的でしたが、それ以外のリアリティーを追求していたので、
そのギャップがよかったのかもしれません。

東日本大震災の再来としてゴジラを東京に上陸させた。
それが東京である必然性はなく、また上陸する必要もなかったが、
博士の自殺を仄めかしてゴジラとして復活させたのかもしれません。、

そのゴジラから新元素も発見され人類への福音となると同時に
都市を破壊するという負の面もある。

それが原発を暗示してもいるし、今後に登場するやもしれない新たな問題に
この日本の政府がどう接していくか、日本人がその環境変化に対応していけるか
日本人の意識を問うているのやもしれません。


シン・ゴジラ DVD2枚組

シン・ゴジラ DVD2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



コメント(0) 

突入せよ!「あさま山荘」事件 [映画]

(2002日)1972年の事件。連合赤軍・あさま山荘事件の映画化。

過激派x警察 ではなく、あくまで警察内部の争いを描写する。
かなりヌルい。ダレたシーンが多いが、嘘ではなくリアルを優先したのでしょう。

こういう派手な事件は長野県警では、慣れておらず、
警視庁が応援に入る。が県警が面白いはずはなく、ことごとく邪魔をする。

犯人5名、人質1名で、1500人動員し、3名死亡,重軽傷者27名という惨事。
ともかく人質は無事だった。

この作品は警察視点なので、若松孝二監督は、反体制側の視点で
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』を私費で作ったそうだ。


突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: DVD



作品中、よくできた奥さんが登場するが、
カチンときたのかもしれない。
後日、別居となり、夫の行状を暴露したようだ。
コメント(0) 

闇金ドッグス [映画]

(2015日)ヤクザの組長から闇金を始めた主人公。
自分も闇金から借金をし、商売を始める。

地下アイドルなる世界があり、「キモオタ」のファンを客とした。
そのアイドルもファンもギリギリの状態であり、
それぞれが自ら生きるために、どこに「線」を引き、超えようとするかを
絶妙な"間"を使って演出する作品。シリーズとなるだけあり「教養」となった。


闇金ドッグス [DVD]

闇金ドッグス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD



コメント(0)