So-net無料ブログ作成

アベの見方、真相と心理 [世界観]

このブログをご覧の方は百も承知でしょうが、加筆し、
安倍に対しての私の見方を少し長くなりますがご説明します。


①パクリ

まず、2012年夏に私が知り合いに「VBC」の件で話したのは、
特定の国や集団だけ認めなければ、未来はないのではないかということ。

それに対して、その年の衆院選挙での安倍の演説で、
「このままでは北朝鮮の子どもたちに未来が無いことを伝えましょう」

と、「子どもたち」「未来」と半笑いで語る。
特定の国が対象であっても、その国の子どもを指定し、
未来が無いとほくそ笑みながら演説するのは不自然かと思った。

スマホ盗聴と考えられた。
この3年全く成果ないのに、この時は何故かテンション高かった。


②ノート

私は10年ほど前、独り言で、安倍家には伝家のノートがあるのではないかと
それが政治的なパワーになるのではないかと興味を示す内容を言った。

その私の興味に反応を示すかのように、
2013年の3~4月頃に、安倍は頻繁にノートのことを語りだした。
週刊文春の阿川氏との対談と、報ステの古館氏との会話にでてきたのは
かすかに覚えている。

私は、この解釈を
「小遣いやるから言うこと聞けよ、ノートも見せてやってもいいぜ」
と「VBC」の丸投げの取引かと受け取った。
(伝家のノートではなく、自分の書いたノートだったが。取引としても、しょーもなかった。)

私は吐き気がした。
道徳的性質を持つモノを、不当な手段で奪い利用する。
幕末の、偽勅や錦の御旗のように考えているのかと、

他人の所有物を使うにあたり、
礼をもって正面からお願いするのではなく、ゲスな手段を使う。

私は、それに対する反応として、↓のコメントを一応、書いた。
すると止まった。

本ブログ 2013年4月26日 ノート
http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2013-04-26


この件に関して、いくらでも安倍はとぼけることができるが、
間接ではなく直接、神に誓わせることや、科学的な尋問をすれば、
「当たり」だと思いますね。
政治史、歴史家の方ですかね。正しく調査して頂けたらうれしいですね。
(薩長御用学者の方はご遠慮ください。
1つの文章で2者に同時に違うメッセージを伝えることもできるので、
これは本人に念入りに脳波の検査でもするしかないだろうが。)

③ドリルと北

安倍は第1次の政権の退陣の後、パソナに入り浸ってたらしい。
(キメセク三昧だったそうである。バレたら嫁さんも愛想つかすだろう。)
ふて腐れるのも分からないではないが、弱みを握られ政権に返り咲いた。

安倍は「ドリル」とはしゃいでいた。むろん、隠語だろう。

----
【真実の安倍晋三Shinzo Abe】『最速のスピードでドリルを回し続けていきたい』平成26年5月12日国家戦略特別区域諮問会議
https://www.youtube.com/watch?v=ovjhjTHmiGM
1分38秒 位から 笑顔。
----

2014年7月頃の週刊誌に暴露された。が、メディアは騒げなかったのだろう。
暴露する方も、少し脅して言うこと聞かせれば、詳細を暴露する必要はない。

パラレルで、親北朝鮮の人間は安倍の長期政権を望む。
拉致問題は安倍による政治決断で終了させることを主張し、
国交正常化、対北数兆支援も視野にしていたのだろう。が、まず総連は落ちた。

5末のストックホルム合意も拉致問題を最優先せず、
時間を引き延ばし、冬、選挙で、吹き飛ばす。

実は、日本というのは、北朝鮮日本自治区になっていったのだろう。
ドリル(急所)を握られたのだろうが、
親北は対中強硬姿勢も合わせもつので、一見、愛国者でもある。


④安倍談話 -知らなかったフリ-

安倍は、この夏の談話で「子どもに謝罪を背負わせてはならない」と言った。
キメ台詞に残しておいたのはいい。

私が吐き気したのは、談話の後の言葉。
「謙虚 ~ 聞き漏らした声」だった。

↓の25分15秒 位から気持ち悪かった。
----
安倍談話 記者会見2015年8月14日
https://www.youtube.com/watch?v=myuy2o1do6o

「同時に、私たちは歴史に謙虚でなければなりません。
謙虚な姿勢とは、はたして、聞き漏らした声が他にもあるのではないか、
常に歴史を見つめ続ける態度であると考えます。
私はこれからも謙虚に歴史の声に耳を傾けながら、
未来への知恵を学んでいく、そうした姿勢を持ち続けていきたいと考えています。
私からは以上です。」
----


他人の著作物を意識し、スマホ盗聴で仕入れた考えを、
自分の都合で利用したかったのに、どこが謙虚なのだろう、
譲歩対象関係者たちへの確信的背信行為であって、
聞き漏らしたわけではない。(約3年)

むろん、「VBC」を意識してないのなら私の被害妄想ということになる。

意識して言ったのなら、人間としてかなり重症でしょう。


⑤新3本の矢

「岩盤規制」と「ドリル」という語に触れたくなかったのだろうか。


---------------

最後に、「VBC」の件が妄想であったなら、妄想ついでに書く。

安倍政権下で北方領土25島全島の返還無しの平和条約なぞ結ぶならば、
諸神社も売ったことになるし、安倍をVBC適用除外一族(売国土一家)としましょう。


まぁ人畜無害の戯言ということで。


コメント(0) 

J-WASP [世界観]

今年1月は後藤・湯川両氏がISILに人質とされた件で日本中が解放を願った。

安倍をはじめ政府は、「人命第一」と言っていた。
「人命第一」と言う以上、テロリストに屈しないギリギリの案を探っているものと思った。

私自身は1月28日に本ブログで下のように書いた。
>死刑囚のVIP待遇(1週間の豪華な食事とタバコ等)なら悪くないと思いますがね。

その他、多くの人が案を出していたと思うが、(週刊誌なり書いていた)
集約して検討したかは知らないが、
結局、「交渉すること自体が屈したことになる」だった。

であるならば、「人命第一」なぞはじめから言うな、である。

メディアの前で「人命第一」「最大限の努力」と言いながら、
実質、死ぬのを待っていたように見えた。
「努力」とは周辺部族へコネクションを作ったりといった間接的なもので、
一応の努力しているアリバイにすぎなかった。

私はこれを、神道政治家がキリスト教徒の生死をいい加減な言葉で扱い、
死後は美談と自己責任論で誤魔化したことで後藤さんを陵辱したと理解した。
私は許せなかった。


私は、最近よく思う。神道は清い人も中にはいるが、基本的にいやらしいのではないかと。
戦前の日本軍の行為を貶められている部分の汚名が返上されようが、
それでも元々偉そうに言えたものでもないのではないかと。

子宝を望む神社の存在なぞ、私は吐き気がする。(分かるだろ、注意)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%80%80%E5%AD%90%E5%AE%9D&oe=utf-8&hl=ja&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=Ar8_VcLNB9WeugT6kYCwCw
(恐らく、外国でメディアも笑ってとりあげて、かなりの人が知っているのだろう。)

旧約聖書からならリベカの墓だが、全く違う。


違法ドラッグセックス疑惑を笑って否定できない神道政治家が、
日本軍の名誉や靖国がどうのこうの語るのは、滑稽ですらある。

コメント(0) 

今年のニュース、下品だった。 [世界観]

7月頃かな週刊誌で、パソナのキメセクにアへが通っていたことが暴露された。
キメセクとは違法ドラッグセックスのことらしい。

根拠なく流れるわけはなく、脅しだったのだろう。
で、本人が笑って明確に否定することもせず、無視を装う。

これが、日本の相対的地位に影響を与えるのだろう。
国内的には強気の姿勢を口先で言えても、
北朝鮮の訪朝団一つとっても下っ端が相手となった。

非常に残念な国となった。
H野やH下の不倫は周知となり選挙を経たので意味がまるで違う。

ア○が(アH○かもしれない)憲法改正を夢見てるらしいが悪夢だ。

伊藤博文の好色は時代もあり笑えるのだろう。
が、ドラッグはまずいでしょう。
コメント(0) 

困難な予測 [世界観]

1週間たったが、
解散前、自公で大幅増の圧勝との極秘事前調査があった上で、解散したと
週刊誌ではあった。自公で350?かもとも踏んでいたらしい。

だから総理が自公で過半数とれなかったら退陣すると言ったのも、
「な訳ないだろ」というギャグ以外の何ものでもなく、内心爆笑していたのは想像にかたくない。

が、実際は、ほぼ横ばいで大喜びするほどのものでもなかった。

スッキリしたのは、

・民主の党首の落選
・次世代の終了

だったのだろう。
次世代の自民党そのものへ切り込もうとする存在は煙たいでしょう。
上品でないイメージがあるが、惜しい存在だったと思いますね。

共産増を深刻に受けとめてないだろう件はある意味正常ですね。

私はほとんど根拠なく10~20は減るだろうと思ってましたが、
予測というのは難しいですね。
コメント(0) 

謙虚な暴走老人? [世界観]

ニューヨーク総領事、NYタイムズ社説に反論投稿 「安倍政権は歴史に謙虚に向き合う」
http://www.sankei.com/politics/news/141217/plt1412170024-n1.html


「安倍首相は歴史に謙虚に向き合わなければならないと繰り返し述べている」らしいが、いつもの自分勝手な舌で言っているだけである。

選挙にて「この道しかない」というフレーズに対する批判*にも、繰り返しごり押しする。
(思考停止になるような言葉は為政者として慎むべきだという批判)
半端な学歴で「この道しかない」と言える謙虚さは私には持ち合わせていない。

60年安保の時はデモを自衛隊で制圧しようとしたのに諌めた者がいたが、
このキレ安い幼児性は遺伝ではないと確信するが、そう思われても仕方ないのやもしれない。
漫画や映画の世界で「劣悪遺伝子排除法」というような恐ろしい法律が近未来で成立するが、もちろん私は反対である。

もし、成立するなら、嘘つき遺伝子やキレ安い遺伝子が安倍の血統にあるか複数の機関で念入りに調べる必要があるだろう。

が、祖父はまだ聞く耳を持っており、幸い自衛隊を出さなかった。

しかし、孫は聞く耳を持たない。開票日のキャスターの質問にイヤホンをはずし自説を語る危なさを露呈した。

10年ほど前は、「今年の漢字を1文字で」と聞かれ「責任」と答えた。(しかも2度)

彼の名誉のために書いておくが、老化ではない。


コメント(0) 

嘘をつく顔 [世界観]

「大型間接税は導入致しません。この顔が嘘をつく顔に見えますか」

中曽根元総理が選挙期間中に言って、爆笑だったらしい。
もっとも「嘘に決まっているじゃないか」と含んでいて、
それを聞いていた記者も嘘とわかっていたので爆笑だったそうだ。
程度の高い湿った政治文化ではある


さて、パソナキメセク事件で、週刊誌やスポーツ新聞にアヘが登場した。


その件に関して、アヘのコメントを聞いたことがない。


この際、中曽根氏のように、

「パソナのキメセクなぞ関わりありません。この顔が嘘をつく顔に見えますか」


と言えばいい。爆笑で終わるやもしれない。


もっともこの問題は、映像を入手した者たちがアヘ長期政権を望んで
甘い汁を望むことが問題なのだろう。

長期を既成事実かのように言うかもしれない。

北朝鮮に流れていたならば、総連ビルを政治判断でと主張し、
拉致被害者等の帰還で化粧した、実際は映像料金でもあるやもしれない。


そういうズブズブなモラル破綻人物が教育を語る資格はもちろんない。
宮司に聞いてみたいのだが、国の伝統や文化と称して伊勢神宮や靖国神社に澄ました顔でアヘが参拝するのは汚らわしくないのだろうか。


もっとも、神道は一夫多妻、側室、夜這い文化だったのでキメセクもOKなのだろう。

違うというなら、あるいは、現在は違うというなら、
守るに値する権威があるなら、アヘを破門にすべきであろう。
もっとも整備されていないのなら、準ずる声明でもだすべきだろう。
(まぁ、教義、モラルを真剣に考えてこなかったケジメのない道だったので未整備なのだろうが)

映像が、後に公開、あるいは歴史家に公開されて、
「道なき道」であることがまさに証明され、失笑となるのやもしれない。
失笑で済めば恩の字か。
コメント(0) 

見殺し解散へ [世界観]

私も、この9末の解散10月選挙をアヘは描いていると思いますね。

訪朝もあるやもしれませんが、拉致被害者数名だと貧相なので、
(特定失踪者も含めて30名とも言われていましたが)
日本人妻や遺骨などとの抱き合わせでメディアへ提供したネタが枯れないうちに、
解散なのでしょう。

そこへ消費税増税凍結という同じネタを使いまわす可能性は大ですね。
財務省へ「長期政権中20%?するから先送りお願い」と約束するのやもしれません。


以前、拉致被害者家族に「オールジャパンで」と批判を封じていましたし、
ヘイトスピーチ問題では、「日本の誇りを傷つける」と検討に入りました。

この本音は、自分への批判封じであることは、情報公開に消極的な姿勢からも
自明でしょう。

自らの政権と選挙という私益のために、北朝鮮の調査報告を2ヶ月先延ばしをするというのは、邪道もいいところですね。

言論空間を窒息させてはなりませんし、

8月4日にお亡くなりになられた市川平さんの無念を、
「どうせ」と言って考えなくてもいい問題だとは思えませんね。
拉致で演出するのはクズだと私は思います。


コメント(0) 

不誠実 [世界観]

民主また見解変更へ 集団的自衛権行使「現時点で不要」→「安倍政権の行使は不要」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140811/stt14081119470006-n1.htm

7月1日に自称「再整理」を閣議決定したものの、法案自体は来年に先送りするわけだから、
「現時点で不要」は正しく、「安倍政権の行使は不要」も正しいだろう。
解釈改憲をしたらその内閣は辞職するという前例をつくれば、百歩譲って、まだしもと思えますが。
グレーゾーンで危険を煽って閣議決定するや先延ばしし、
そのグレーゾーンはマニュアルで対応するといった不誠実を強行しつづける余裕綽綽の態度に
「アヘヘヘ~」と高笑いする姿が目に浮かぶ。
インチキ手法「どうにも止まらない♪」 国民が困っても知らね~な、って態度やね。
もしとつやなぁ、、。
コメント(0) 

住民 [世界観]

地裁の判断や竹富町の教科書であれ、
「国防は最大の福祉なんだよ」という切り返しは寂しい。

「生きてるだけでありがたいと思え」「非国民」の裏返しで、
条件反射で言うのは楽だ。

地元住民の意向というのは最大限尊重されるべきは
言うまでもないでしょう。
これで神経質になる方が怖い。

コメント(0) 

共同執筆 [世界観]

5月15日の安保法制懇の報告を受けてのベタベタな説明が、
公明党と原稿を共同執筆したとTBSのニュースであったようだ。

そもそも、私的諮問機関の報告をああいう形でダイレクトに国民向けの説明をしたのか理解できなかった。更に共同執筆となると、せっかくの報告が半減されるだろうに、報告書に賛同しかねるものの、その段階での妥協の既成事実を重ねようとするものなのかとも理解に苦しむ。

その原稿をそのまま読んだのか、少しはアドリブも入っていたのだろうが、
この段階で、「共同」した原稿を読めるものなのかも私には理解できない。
異次元な半端感がぬぐえない。
コメント(0)