So-net無料ブログ作成
検索選択

大日本帝国 [映画]

(1982日)分かりませんが、東映俳優勢ぞろいの豪華感にまず圧倒されました。

大東亜戦争を自衛戦争でABCD包囲網に嵌められたという基本線がありつつも、
日本兵が民間人を殺したことも含め、可能な限りマイナスなことも盛り込もうともしている。

よって、右からは左映画と言われ、左からは右映画だとされたようだ。

1940年の第2次近衛内閣から戦後の軍事裁判までを3時間をかけて詰め込む。

この作品は戦後37年で公開されており、終戦時に20代なら60前後で
その子の世代は成人しており、彼らを対象としている。
今日の戦後70年前後の作品とは異なり、無理に日本を美化しようとせず、
極力ありのままに作品にし、見る人たちの自分の人生に納得してもらおうとする、
脚本家と監督の意思が働いていたのでしょう。

恋物語を3組入れる。

1組はクリスチャンだが、教会に官憲が来て、
「イエスと天皇、どっちが偉いねん?」と、愚かなことを聞く。

弾圧の詳細には触れず、そこまでだったが、描写する。


が、陸軍参謀本部や海軍軍令部、連合艦隊などの、
命令と責任について検証するようなことは一切ない。

教養映画ではなく、当時の大衆娯楽映画として琴線に触れる作品だったのでしょう。

大日本帝国 [DVD]

大日本帝国 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



コメント(0)