So-net無料ブログ作成
検索選択

英雄たちの選択 秀吉VS.家康スペシャル 第1集「小牧・長久手の戦い」‬‬ [映像-歴史]

(2016日)1582年6月「本能寺」の後、秀吉は明智光秀、柴田勝家を討ち、
破竹の勢いだった。

22カ国を領有した頃、不満を持つ信長の次男信雄を家康が担いだ。
当時の家康は、5カ国。圧倒的な力の差があったが、小牧で戦うこととなる。

秀吉10万に対し家康1.4万。
が、秀吉の軍勢は寄せ集め、家康の軍勢は旧武田軍も含め精鋭だった。

家康は、真っ先に小牧山城を拠点とし周囲に砦や土塁を築いた。
これがマストだった。
これで、膠着状態となった。

この戦いは、単なるいちローカル戦ではなかった。
家康の天下を決めた戦いは、「関ヶ原」というのは素人で、
実は「小牧・長久手」だった。

後の時代、昭和天皇も軍の演習の地に選んだ程だった。


旧織田だった池田恒興や森長可が秀吉に寝返り、三河へ攻めた。
が、その情報をキャッチしていた家康が小牧山城を抜け、2人を討ち取った。

局地戦で、確かに表向き秀吉が負け、家康は勝った。
が、秀吉にとっては煩い男だったので、実は秀吉が流したのかもしれないそうだ。

今回は前編だったが、これ単品でも勉強になりました。


秀吉VS家康 「小牧・長久手の戦い」 投稿者 atstudent123
コメント(0) 

ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~ “時代”と闘い続けた作詞家~阿久悠~ [映像-歴史]

(2017日)懐かしい曲ばかりでした。
私は作詞・作曲が誰なのかに無関心だったので、
「宇宙戦艦ヤマト」ですら知りませんでした。

レコード大賞(wikiより)

1971年「また逢う日まで」尾崎紀世彦
1976年「北の宿から」都はるみ
1977年「勝手にしやがれ」沢田研二
1978年「UFO」ピンク・レディー
1980年「雨の慕情」八代亜紀

古いですが、全て歌ったことありました。

作詞家は依頼を受けて、特定歌手のために詞を考え、作曲家に渡す場合、
三者の作品となって世にでるそうだ。

私は曲を聴く方で詞にあまり関心はなかったが、
彼によって厳選された言葉の力を今なら一つ一つ感じることができます。


今だによく口ずさむのが「デビルマン」でした。
(これもwikiで今日知り、驚きました)

ここまで彼の作品とは知らずに、力を与えられ生きていました。
「ありがとう」
と伝えたいですね。


プロファィラー・阿久悠の生涯 投稿者 daisuki-kempou
コメント(0) 

詐欺にご注意

「グーグル」サポート装い詐欺容疑、男2人を再逮捕 警視庁
http://www.sankei.com/affairs/news/170726/afr1707260020-n1.html


時折、「パフォーマンスが低下しております!」と警告されることもありましたが、
無視しておりました。

「グーグル」を装うという手口まであるそうです。
皆さん、お気をつけください。
コメント(0) 

昭和偉人伝 佐藤栄作 / BS朝日 [映像-歴史]

(2015日)BS朝日。約45分で簡単に紹介する。各論の詳細には踏み込まない。

1901年に山口県で生まれ、高校は池田勇人と同じ熊本の五高となる。
東大法の後に松岡洋祐のツテで鉄道省に入る。
44年に大阪鉄道局長に左遷されてたおかげで、戦後の公職追放組とはならず、
運輸事務次官となり、48年に吉田内閣の官房長官となった。

64年の総裁選挙で池田に敗れるが、11月の病気退陣後、総理となった。

彼は沖縄返還を成したが、密約がいくつかあった。
1つは米軍用地の原状回復費の日本側負担。と、有事の核持ち込み。

が、「非核三原則」などが評価されたノーベル平和賞だった。
一方、密約文書を作成した若泉敬は自殺している。


S偉人伝 佐藤栄作20150513 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

その時歴史が動いた 改革者か、悪徳老中か? 〜田沼意次、江戸の経済改革に挑む〜 [映像-歴史]

(2003日)田沼意次の一代記。1719年に誕生し9代将軍となる家重の小姓となる。
側用人・老中で実権を奮った1767~1786の時期を田沼時代と言うようだ。

9代将軍家重、10代の家治に信頼されるが、8代吉宗の孫松平定信一派の反感を買う。

年貢に依存していた幕府財政に商人資本も組み込み、景気と財政を好転させた。
また、輸入が主だった長崎を特産品で輸出の拠点とし利益を得ようとする。

様々に積極的な改革を実行するが、飢饉に乗じて定信一派が反転攻勢を仕掛けた。

1786年、家治の病を「田沼が毒を盛った」とあり得ない噂を流すなど、
手段を選ばない攻勢に、田沼は失脚することとなった。


田沼意次・改革者か 悪徳老中か ?・その時歴史が... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

英雄たちの選択 ‪‪女王・卑弥呼 “辺境”のサバイバル外交‬‬ [映像-歴史]

(2014日)卑弥呼は30余りの国を統率する調整型リーダーだった。
6世紀に鉄生産の技術を得るが、この時代は輸入に頼っていた。

輸入先が朝鮮半島北部楽浪郡の公孫家だった。
220年に漢朝が滅び三国時代となる。公孫氏は魏呉両国と外交関係を結んでいた。
諸葛亮がいる蜀が存在することで魏は半島征伐ができなかった。

その関係を卑弥呼は理解しており、公孫氏と友好関係を築いていたようだ。

ところが、234年に諸葛亮が他界。魏に睨まれることとなった。
238年に魏軍は楽浪郡を落とし、公孫氏を処刑する。

この同じ年に卑弥呼は、魏に外交団を楽浪郡に派遣、洛陽に案内され、
「親魏倭王」の称号を与えられた。

公孫氏は呉から「王」、魏からは「公」だった。
が、卑弥呼にとっては「王」と権威が与えられ鉄の安定供給が欲しかった。
公孫氏滅亡の後に魏と呉のどちらに朝貢するかが問題となった。

一説には滅亡前の戦争中に魏と接触した可能性もあるという。

いずれにせよ、同年の238年の速やかな決断の背景に、
国際関係を正確に分析していたことが現れており、
私は卑弥呼を単に凄腕シャーマンだと理解していましたが、面白かったですね。



eたち 卑弥呼 2014サバイバル外交0410 投稿者 okura1919ppp
コメント(0) 

その時歴史が動いた 天才信長をつくった男 〜今川義元 真説・桶狭間の戦い〜 [映像-歴史]

(2007日)お歯黒姿でコケにされる義元を再評価する。

北の甲斐武田信玄、東の駿河北条氏康と渡り合っていた義元が無能であるはずがなかった。
義元は軍の強化のため、寄親寄子制を創設し、武将を親、農民を子とし、
親子関係を固定させ、子が他の親の下で活躍しようが認めないとした。
それにより組織が強固となり、西の織田に脅威となった。
又、鉄砲をいち早く導入したのも義元だった。

1552年に父信秀が他界し、信長は家督を19で継ぐ。
1560年、義元は2.5万で西進する。
尾張の清州城以外の城は次々と義元に寝返り、信長の兵は3千のみだった。
さらに、精鋭に絞った2千の兵で「桶狭間」へ向かい、信長は義元の首をとった。

この時に義元が手にしていたのが重要文化財の「宗三左文字」という刀だった。
南北朝時代に作られ、武田信虎・今川義元・信長・秀吉・家康と所有されたそうだ。
信長は「本能寺」で死ぬまで持ち続けた。
私は刀に興味は無かったが、これは欲しいと数分、思いました。


桶狭間の戦い ・今川義元の視点・その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

その時歴史が動いた 家康が最も恐れた男 ~敗者 石田三成の関ヶ原~ [映像-歴史]

(2005日)1570年の姉川の戦いで浅井朝倉勢は織田徳川勢に敗れる。
その時、石田三成は11歳、1573年に北近江の領主は羽柴秀吉となった。

秀吉の善政にて長浜は栄え、この頃、秀吉に仕えることとなった。
10代の若き駿才に実績無しで300石が与えられた。

戦場の武勇が語られることはないが、彼はスーパー官僚だった。
秀吉政権で度量衡の統一、太閤検地を行い、正確な石高を把握することとなる。
それが、戦時の補給システム構築にも繋がるが、豊臣への貢献とはいえ、
それは他大名の不興を買うことにもなったのでしょう。

1598年、秀吉が他界し、5奉行5大老の10人の合議で秀頼を支えることとなる。
早くもその年に、禁止されていた大名間結婚を家康が独断で解禁する。
それに三成のイニシアティブで9対1で家康を封じ込める。

が、翌年4月、5大老の1人家康を牽制できる前田利家が死亡。
これを機に、同日、石田三成襲撃事件。奉行辞職となった。

が、1600年6月、家康が上杉景勝攻めに会津へ向かう間に、
挙兵し、西軍9万4千を集め、数の上では家康8万を超えることとなる。

勝者が歴史を書き、不当に貶められる三成だが、
間違いなく、豊臣政権なら王佐の才を発揮し忠義に生き、
自らは質素に生きる人だったのでしょう。


石田三成 / 敗者の 関ヶ原 / その時歴史が動いた 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

英雄たちの選択 “県”誕生!奇跡の無血革命~大久保利通・廃藩置県の舞台裏~ [映像-歴史]

(2017日)明治4年、廃藩置県により中央集権国家としてスタートする。
大久保の果たした役割を追う。

前段階として明治2年の版籍奉還があった。
土地と戸籍を天皇所有にするということだった。

藩主を知藩事に天皇が任命するという形をとり、
世襲でなくなり、藩士の帰属意識を朝廷へ変換させた。
また、旧藩主の取り分を藩収入の10分の1とし華族にするというとで
納得させた。

大久保はもう少しソフトに考えていたが、
意外にも以前は反対だった西郷が強気の廃藩置県を主張し、
岩倉具視も知らない間の謀議により6日間で実行に移した。

むろん、薩長土の「御親兵」という実力組織を背景に、7月14日に実行。
在東京の知藩事を皇居に集めて一方的に命令した。
が、知藩事の負債や旧藩士への家禄支給などから解放され、
むしろ望んでいた藩もあった。

又、武家華族とされていた旧藩主だったが、統一するなど
細かい調整を図り、無血革命と言っていい改革を大久保は成功させた。

okubo.jpg
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017079900SC000/
コメント(0) 

BS歴史館  日本の転換点 京都炎上! 応仁の乱 ~その時 ”日本人” が生まれた~ [映像-歴史]

(2013日)私は「費用無駄な応仁の乱」だった。当時はそれだけでした。

1時間の番組で、なるほど勉強になったと満足したものの、
応仁の乱のホンの概要であって、wikiの方がはるかに詳細だった。

6代の義教は強権政治から赤松に暗殺されたこともあり、
8代将軍義政は政治への関心より酒や文化に傾倒し早く隠居したかった。

子がいなかったため、弟の義視を無理に還俗させまでしたが、
1年後に義尚が誕生。当然、日野富子は自分の息子を将軍職に就かせるため、
山名宗全に接近し様々な工作をしたようだ。

その両者の対立と諸勢力の対立が重層し東西に分裂し戦った。
将軍義政は文化に走り、日野富子は財テクに走った。

そして富子は貯めた金で、西軍の兵を引き上げさせ和解交渉を成功させた。

この乱をきっかけに京都の公家が全国に散り、カルチャー教室を開いて公家文化を全国化させたり、
あるいは、これまでの体制では考えられない、寺社を権力と捉え破壊の対象とする日本人が登場するなど、
日本史の重大なポイントとなる乱のようだ。

深みにハマったら楽しいのかもしれませんが、この辺にしときます。


BSR 応仁の乱20140708日本転換点 投稿者 okura1919ppp
コメント(0)