So-net無料ブログ作成
検索選択

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史第6回 J.F.ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~ [映像]

(2013米)キューバ危機がメイン。ケネディーもフルシチョフも軍を完全にコントロールできなかった。

米海軍は、公海上でソ連潜水艦を捕捉。演習用爆雷を投下した。
が核搭載潜水艦とは知らなかった。一部故障し本国と通信ができず、
米艦隊がいるため浮上もできない。

戦争になったと判断した艦長は核攻撃を決断する。
3人の全会一致で核攻撃が可能だったが、副艦長のアルヒーポフが拒否権を発動したことで、核戦争が防がれた。

が、今度は、ソ連側がキューバ上空の米軍機を攻撃した。

米統合幕僚本部は激怒し反撃を主張するが、ケネディーは慎重だった。
弟のロバートが駐米ソ連大使に会うこととなり、フルシチョフも了解した。

トルコに配置したミサイルが条件だったが、
これがケネディーが共産主義に屈したと強硬派からの非難となる

制御できないところで勝手に進行する現実に抑制的に振る舞い、
核戦争を防いだケネディーだったが、暗殺されることとなった。

その後の調査に疑問が残った。


オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 #06 「J.F.ケネディ 全面核戦争の瀬戸際... 投稿者 0141oniku
コメント(0)