So-net無料ブログ作成

英雄たちの選択 戦国を変えた情報ネットワーク 毛利元就 厳島合戦 [映像-歴史]

(2014日)毛利元就を追う。戦国時代のドラマの主役が信長や秀吉、あるいは黒田官兵衛なら、必ず「本能寺の変」後に、秀吉が毛利との講和条件で清水宗治の切腹シーンがある。

が、この番組は、そこまで行かず、小さな国主だった頃から大大名にまでなった軌跡を追う。とりわけ、大内家のNo2だった陶隆房との「厳島の戦い」をメインとする。

西に大内、東に尼子の超大国に挟まれた毛利は、当時小国ではなかったが、
あたかも米中のハザマにいる日本同様、経済力はそこそこあっても軍事力・政治力で単独で勝てる相手ではなかった。

が、元就は、「厳島の戦い」に勝つ。

大河ドラマでは、元就(中村芝翫)と陶(陣内孝則)に尼子(緒形拳)となっており、顔つきで元就を善玉と決めつけていたが、実際は、善悪の次元で語れるものではないでしょう。かなり陰性エネルギーの塊だった面もあるが、一族の結束が強く、度々歴史に影響を与えるに至ったのでしょうね。

大河のかすかな記憶程度でしたので、私は面白かったですね。


2014 eたち毛利元就0825厳島の戦い 投稿者 okura1919ppp

コメント(0) 

銀と金 [映像-歴史]

(2017日)原作は漫画で、ギャンブル漫画で有名な福本伸行氏。
ギャンブルに走る人間の極限の心理を描写するのが超一流のようだ。
私はしないので、ピンとこないが、息を飲むように鑑賞した。

今回は4~6話までが「セザンヌ」を扱う。
主人公が、本物の「セザンヌ」を手に入れギャンブルを打つ。

この作品を漫画と切り捨てずに実行すべきなのでしょう。


コメント(0) 

BS歴史館 : 天才エジソンの真実 / 欲望の世紀 [映像-歴史]

(2012日)エジソンの1代記。蓄音機で音楽を大衆化させ、
映写機で映画を普及させる。が、彼はソフトで弱かった。

美味しいところを他社に持っていかれた。

とはいいつつも、電球を作ったことで、そこから発電所、
送電網、を連鎖的に発明、事業を拡大していく。

友人である18歳下のフォードは経営に徹していくが、
エジソンは発明の最前線に立った。

19~20世紀の近代文明の代表的人物であり、彼らが今日の基盤を構築した。
21世紀は、その恩恵を享受しているが、別のパラダイムで豊かさを求める時代となった。単に、一発明家の伝記番組ではなく文明や時代の変化を理解するに際し、広く深い洞察を与えてくれそうな番組。


BS歴史館 : 天才エジソンの真実 / 欲望の世紀 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus
コメント(0) 

誰だ? Ⅱ

幼稚園の願書、盗んだ疑い 千葉県警、24歳男を逮捕
http://www.sankei.com/affairs/news/170225/afr1702250017-n1.html


「聖マリア幼稚園」に侵入し、入学願書11通を盗んだそうだ。


でましたね。反キリスト犯罪者。

塚本幼○園の関係者かどうかは不明。
いや、違うでしょう。


無職だそうだが、幼稚園に遡って連帯責任を取らせるつもりだったのでしょう。
人に危害を加えなくて何よりでした。
コメント(0) 

誰だ?

【金正男氏殺害】「友達」以外でも閲覧できる“ゆるさ”がアダか FB写真で居場所を特定できる状態だった
http://www.sankei.com/world/photos/170224/wor1702240020-p1.html

↑に8枚の写真がある。

①②
③④
⑤⑥
⑦⑧

とする。


男A ①④
男B ②⑥
男C ③⑤⑦⑧

で、ホンモノは男Bだが、死んだのは、男Dかもしれません。
10秒程眺めましたが、、、分かりません。
コメント(0) 

「悪魔払い」

「悪魔払い」で1歳女児を暴行死 “信者”におはらい「先生」と呼ばれる63歳女逮捕 http://www.sankei.com/affairs/news/170223/afr1702230030-n1.html


この「先生」は確かに特殊能力があったのでしょう。
西洋医学で無理だった人と家族が駆け込み、治るケースもあったのでしょう。

宗教法人格を持っていない、こういうローカル教祖の例は時折ニュースになりますが、
治療が成功して報酬は払っても、入信はしない方がいいと思いますね。

「悪魔払い」を前近代の遺物と切り捨てることもできないでしょうね。
コメント(0) 

適用除外新規追加(竹島あきらめろ 他) [VBC-細]

①前置き(長い)
 
 2012年に「そこまで言って委員会」(以下委員会)という番組のWEB版で、金美齢氏は
「竹島はもう日本に返ってきません」「日本人はもうあきらめなさい」というような主張を展開していたのに非常に驚いた記憶がある。 
 
 その時の国際関係がどうあろうが、諸勢力の力関係で無理だと思われようが、
領土を譲る発言をしてはならない。

 私が理解できないのが、帰化したての台湾系が何故、ここまで偉そうに領土放棄の説教を垂れることができるのかということもある。
 
 尖閣の件では、約1年前の蔡英文氏勝利後の間もなくの「委員会」で、「尖閣諸島は台湾領」と言う蔡氏を金美齢は笑って許しており、「李登輝さんはクリスチャンだから・・・」と言葉を濁しているのに私は吐き気がした。
 
(バカ正直な)クリスチャンだから李登輝氏は正しく日本の領土と主張するが、
他の台湾人は台湾領と主張するのが当然で、親しい関係である蔡英文に自分が日本人として説明するつもりもないというスタンスのようだ。

 で、その考え方に立って、別の回の別テーマで「日本は神道を国教にすべき」と言ったのに呆れた記憶もある。
「神道の祭司は天皇陛下だから・・・」という理由のようだ。

実現可能性が無くとも、そこに、李登輝氏やクリスチャンに対する敬意も配慮も無いだけでなく、いわゆる右派に対しての侮蔑の発露でもあった。

 竹島や尖閣といった領土はどうでもよく、とりあえず「神道を国教に」とでも言っとけば右派が喜ぶだろうという計算のようだった。

 結局、安倍晋三なり権力者と近い関係を築き、台湾の安全と繁栄が築ければ、
日本の領土なぞどーでもいいというのが本音だからだろう、
「竹島は韓国のモノ」という点で韓国人金慶珠氏と一致して嬉々とすることができたのだろう。

 このように、金美齢は、李登輝氏であれ天皇陛下であれ、また神道であれキリスト教であれ敬意がないことが明らかとなった。(金慶珠氏は論外のようである)
で、その場その場でテキトーに言えばいいという考えなので論理破綻が多く、自然と声が大きくなるのだろう。


私は、国籍による「お立場」の発言に目くじらを立てるつもりはない。
しかし、帰化して新しく日本人になった者が

「竹島は韓国領でOK、尖閣は台湾領と言ってもOKでしょ。hahaha」

とドヤ顔で口にする新日本人が大量発生するのを危惧してしまいますね。
「帰化したての1世の言うことには気をつけなさい」とでも自分で言えば信用も芽生えるのでしょうが、
「私の言うことを聞けば間違いありません」という芸風では、どこぞの新興宗教の教祖のごとく
うさん臭く感じてしまうのが人情というものでしょう。

よって、このような私益を基準とする人間は領土の問題に限らず、倫理や道徳・宗教を語る資格は無いという認識から、適用除外を新規追加する。



②適用除外確率一族の追加(仮称 Maybe Exempted Family)(略称 MEF)

 金美齢氏を私が85歳に満たずに他界した場合の適用除外一族とします。



③特別措置(年齢設定)

 また、2005年秋頃に私が自宅で独り言を言っていた内容を2006~7年頃「爆笑問題」の番組で金美齢氏が口にした。在日朝鮮人と同和地区の関係だったが、言い回しが私の言い回しと被っていたので盗聴か盗撮されたと絶望した。
(爆笑問題はこの番組の司会というだけなので、とりあえずは無関係)

 整理する。
 
  1)内容が私の発言からパクったものならもちろん問題
  2)内容は以前から知ってはいたが、私の発言も聞いたというなら、それも問題
  3)単なる私の思い込み
 
聖職者(三位一体論を認めるキリスト教聖職者) を通して上記番組まで私の存在すら知らなかったと私に連絡がない場合、
 
 適用除外確率一族の上記年齢設定を、金美齢氏の死亡時の年齢か85歳のいずれか大きい方とする。



④おわりに

 ・特に安倍晋三や神社本庁さんの異論がなければ、3月1日に本文書を有効とします。
 ・特別措置が解除された場合、85歳となります。
 ・平均寿命スライドがあります
・①分析に少々の誤りがあることも想定とし、念のため85という低めの数値に設定しました。
コメント(0) 

その時歴史が動いた  乱世に祈りを 〜蓮如(れんにょ)・理想郷の建設〜 [映像-歴史]

(2007日)蓮如の足跡を追う。現在の教団の礎を築いた「本願寺中興の祖」と呼ばれているらしく、行く先々で話をすれば信者が膨れ上がったようだ。

そこには工夫があり、信徒にもお経を唱えさせる。
信徒間で食事やミーティングを積極的にさせる等、当時としては画期的な手法を展開した。

信者数を膨らませたが、制御ができず、暴徒となり守護を追放するまでとなる。

そして、悲しみの中、京都に帰って「山科本願寺」という理想郷を作り
50年の平和を保ったそうだ。
彼は立派な言葉を残した。

「一宗の繁昌と申すは
人の多く集まり
威の大いなることにてはなく候

一人なりとも 人の信をとるか
一宗の繁昌に候」


感動し、彼の功績を追う。
ネットで検索するや、妻子の多さに、さらに「感動」する。


コメント(0) 

Time Scoop Hunter 1stシーズン 第1回 “忍者”その真の姿とは [映像-歴史]

(2009日)記念すべき第1回目は「忍者」だった。
が、忍者は後の世に作られた言葉で、当時は「忍」「スッパ」等だったようだ。

戦国時代にタイムワープし忍者3人に取材する。
が、黒装束ではなく農民の姿だった。

で、彼らの主君から「城の見取り図を盗み出せ」と指令があり実行する。
主役の沢嶋は犯罪を制止しようとはしない。
あくまで取材に徹する。

現代のイメージでは圧倒的に強いと考えがちだが、
実際は限界ある人間であり、刀を持った武士とやりあって負けることもある。
仲間の負傷と仕事の貫徹をどう乗り切ろうとするのか、
視聴者をここで泣かせようと意図したのだろうが、私は無事だった。

等身大、実像の忍者に迫った優れた作品でした。


Time Scoop Hunter 1stシーズン 第1回 “忍者... 投稿者 velvetcondor
コメント(0) 

新ビジネスモデル

使用済み切手かき集めて「本物」偽造 57歳みずほ行員のセコい“内職”
http://www.sankei.com/affairs/news/170219/afr1702190001-n1.html

これは、この銀行員が思いついたので、やってみたかったのでしょう。

収入の問題ではなくて、
とりあえず副業として成立するかのテストのつもりだったのかもしれません。

いずれにせよ、シラを切ることはできないと思って、
可能性100%と確信しても偽造なぞやるべきではないですね。

コメント(0)