So-net無料ブログ作成

日本技術、恐るべし

「排泄まであと○分」とスマホに通知する世界初「便漏れ」防止ウエアラブル登場 もうオムツは要らない…
http://www.sankei.com/life/news/151024/lif1510240017-n1.html


笑ったらいけませんが、これは凄い。

こまかく書くのもなんなんで、
以上とします。


コメント(0) 

彫刻家 若林奮

「若林奮・飛葉と振動」展 自然と自己見つめ続け
http://www.sankei.com/life/news/151029/lif1510290017-n1.html

戦後日本を代表する彫刻家だそうだ。
私に評論する言葉はなく、ジーと画面を見るだけだった。

↓銅版だそうだが、こういうイメージで作品になると思い、
丹念に彫っていくということ自体、別の領域の人だと理解するしかない。
説明しにくいが、何故か気になる作品が多い。

douban.jpg

◆第148回企画展 若林奮版画展
http://www.tokinowasuremono.com/tenrankag/izen/tk0709/148.html
コメント(0) 

適用除外新規追加(2地区) [VBC-細]

①現時点の適用除外
  
  山口4区の全神社及び松陰神社(山口県荻市)


②11月1日追加予定 
  
  ドリル系レベル3(神社7寺院2)+松陰神社(世田谷区) 


③新規追加(11月9日)  岐阜5区及び山口2区の全神社
 
       「VBC」がカードとして意味があると安倍が認識しながら、
       パクろうとしたのなら、その諸事実に対して黙認し、
       効果的な使い方を本人に問い合わせもせずに、
       この政権が最大限の努力をしてきたと言うのは虚偽となる。

      (詳細) 本ブログ アベの見方、真相と心理
       http://1rin.blog.so-net.ne.jp/2015-09-28
         

④その他 
     ・追加は前日までに安倍の謝罪が無い場合
     ・急な追加で困るのであれば、追加日の変更は可(11月9日分)
コメント(0) 

「寺社に油事件」の件

私はこれまで、この事件に触れてこなかった。
キリスト教だからという理由は2次的なことだった。

まぁ、犯人は寺社をどうしょーもない存在と完全否定してしまい、
聖なる油で清めなければならないという精神状態になった。

「愚かだな」


だったが、
仮にドリル系の寺社だったら、どんな展開になったのだろうと、

被害届だしたのだろうか、放送できたのだろうかと、
疑問だった。

ホンマ、しょーもないことをする奴だと呆れていた。

(誰かやれよ、と言っているのではない。やってはいけません)


コメント(0) 

贋作商売 裏表


“20世紀最大”の贋作英画家「120点が今も本物扱い。日本にも売られた」と暴露
http://www.sankei.com/life/news/151024/lif1510240033-n1.html


本物として流通していたら、贋作画家冥利につきるのでしょう。

何も200点も作ることないと思いますが。
それだけリスクが増すし、現実に服役している。

120点の存在は彼の誇りとなった。


現在は、贋作を自分の絵として売ってる人気画家らしい。
裏の職人が表にでれた。

懲役1年で、成功者となる。
見事ですね。
コメント(0) 

反○○


今回はタイトルだけで読まず。ゲンナリ。


どちらが「反知性主義」なのか? またも保守勢力に悪質なレッテル貼り
http://www.sankei.com/life/news/150718/lif1507180025-n1.html


漏れた司法試験…アノ憲法学者さまは反自衛隊だった! やっぱりね…
http://www.sankei.com/affairs/news/151017/afr1510170001-n1.html


なんか、おG品。

最近、ガタンと砕けた気がするのですが、(良くも悪くも)


砂川裁判で言えば、

漏れた判決…アノ最高裁長官さまは...(以下略)

とできる。


んなことしても、もひとつですけどね。

コメント(0) 

ワイヤ彫刻 ルース・アサワ

ルース・アサワ展 宇宙的広がり持つ独特のワイヤ彫刻 東京・丸の内
http://www.sankei.com/life/news/151022/lif1510220006-n1.html

asawa.jpg

Asawa
http://www.ruthasawa.com/exhibits.html

日系2世の彼女は、ワイヤ三昧だった。
針金の芸術だが、この人の世界も面白いですね。

針金にセンスがあるなぞ、やる前までは気づかないことなので、
そのはじめのキッカケというのは凄い人生の転換点でしょう。
マッチや割り箸で作品つくったり、
こういうのは日本人の感性なのだと感心しましたね。

コメント(0) 

告発 [映画]

(1995米仏)アルカトラズ連邦刑務所の囚人の実話。

両親の失い妹のために衝動的に5ドルを盗んだことから刑務所に入る。
脱獄を試みるも失敗し1000日の地下牢生活となり虐待も受ける。

元の場所に戻るや衝動的に自分を売った囚人をスプーンで殺害。
裁判となる。

そこで弁護士が、刑務所の実態を知り刑務所を共犯として告発した。

実話なだけに、かなり重苦しい。
「レ・ミゼラブル」ですら外で生活できただけマシと思える。

彼は、死刑か元の刑務所に戻るかの選択を迫られた。

元の刑務所に戻るということは、激しい虐待を意味する。
そして、戻った3日後に地下牢で自殺する。
「victory」と彼は壁に残したそうだ。

これが1963年まで続いたアメリカの「網走監獄」の実態だった。
彼の裁判の後17年を経て閉鎖に繋がる。

フィクションなら3流脚本だが、現実なので迫真の作品となる。
これは見なければならないでしょう。


告発 [DVD]

告発 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



コメント(0) 

ソロモンの偽証 [映画]

(2015日)宮部みゆき原作小説の映画。4時間超。
中学校内で少年の死体が見つかる。後日、犯人を見たという告発文が配布されるも、警察は自殺と推定。しかし、その告発はマスコミにも知られ大騒ぎとなる。
クラスメートが真相を求め、学校内で裁判を開くという設定。

まぁ、4時間引っ張るだけあって、最後まで気になるように作ってます。
が、作家の深く考えたストーリーかなと少し疑問で、
「いっちょあがり」と小バカにされた感覚が残りました。

倍速でもかまわないという方もいるようですが、私は普通に見ましたね。
最初の1分でツカむところも、俳優も脚本もよくできてます。
実話なら感無量ですが、それは無理な話ということで。


ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD]

ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD



コメント(0) 

TPP大筋合意? [経済]

TPP大筋合意したらしい。このムードは気持ち悪い。
(この気持ち悪さは、オバマ大統領に対する小浜市の喜び方に抱いた時以来だ。)

中国の軍拡による尖閣や南シナ海の埋立てによる海洋進出に対して、
安全保障分野で諸国と協力関係を構築して対処するという考え方は理解できる。

が、同時にTPPがマストだとは思えない。
関税分野と非関税分野のルールを定め自由貿易圏を作ることで、
確かに中国を蚊帳の外に置くことができるだろう。

が、現段階でも中国経済はガタつき、右肩上がりのグラフ作成も困難だというのに、
TPPで追い討ちをかける必要性と、その為に払うコストが見合うのかということでしょう。

具体的には自民党の6項目の合意をかなりの程度守れているのかということで、
国民皆保険に危険があるならそれを犠牲にしてまで加盟する必要性も義理もない。

よって、TPPの合意事項を完全にオープンにし充分な検証と議論がなされなければならないのは当然で、

まだ分からない部分があるのに諸手を挙げて賛成する人がいるが、
知的怠慢の誹りを受ける以前に、
「主流派の僕です」と宣言しているようで恥ずかしくないのか疑問だ。

左翼を脱出した人間が極端に自由貿易を礼賛するのは、
自分がインテリであると自我を保とうとする人間の本能でもあるのでしょうが。
むろん、悪意はないと理解しなければならない。それはマストでしょう。

コメント(0)