So-net無料ブログ作成
検索選択

ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~ “時代”と闘い続けた作詞家~阿久悠~ [映像]

(2017日)懐かしい曲ばかりでした。
私は作詞・作曲が誰なのかに無関心だったので、
「宇宙戦艦ヤマト」ですら知りませんでした。

レコード大賞(wikiより)

1971年「また逢う日まで」尾崎紀世彦
1976年「北の宿から」都はるみ
1977年「勝手にしやがれ」沢田研二
1978年「UFO」ピンク・レディー
1980年「雨の慕情」八代亜紀

古いですが、全て歌ったことありました。

作詞家は依頼を受けて、特定歌手のために詞を考え、作曲家に渡す場合、
三者の作品となって世にでるそうだ。

私は曲を聴く方で詞にあまり関心はなかったが、
彼によって厳選された言葉の力を今なら一つ一つ感じることができます。


今だによく口ずさむのが「デビルマン」でした。
(これもwikiで今日知り、驚きました)

ここまで彼の作品とは知らずに、力を与えられ生きていました。
「ありがとう」
と伝えたいですね。


プロファィラー・阿久悠の生涯 投稿者 daisuki-kempou
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。