So-net無料ブログ作成

ティファニーで朝食を [映画]

(1961米)高級娼婦をヘプバーンが演じるが、元々マリリン・モンローの予定だった。

モンローはイメージの固定化を嫌い断ったが、ヘプバーンは逆だった。

脚本は露骨な描写は避け、上品に変更したそうだ。
また、主役の娼婦を無力で弱々しい存在にすることで、作品を成立させたのでしょう。

挿入歌『ムーン・リバー』は誰もが耳にするのでしょうが、この作品だった。

時々捕まるツマラナイ万引き主婦は、本作の影響と腑に落ちる。


ティファニーで朝食を [DVD]

ティファニーで朝食を [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。