So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 3 [映画]

(2014日)60分弱だが、密度は濃い。受け身で見るだけでは理解は難しい。
私は、何度もリピートを繰り返した。
理系文化なら日常会話程度なのかもしれない。

連続爆破テロの解決を目指すが、主人公の恋愛と、チームにトグサが加わる物語。

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 3 [DVD]

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



----以下、ネタバレ

義体を乗り換えることが可能だったが、
かつて素子が某国でスクラサスという男の姿で反政府活動を指導していたようだ。
ラストで分かる。

が、その反政府活動の残党が武器や資金が必要なので、
日本で水企業をフロントとして活動していたが、その1人である義体技師ホセが
スクラサスという伝説の指導者が実は素子だというのを知らずに恋人となった。

これからのAIと義体の時代が訪れる社会にあって、
刑事のトグサだけがあらゆる能力に劣る人間だったが、
その人間の意地を見せていた作品は、本来、哀しいものです。
コメント(0) 

プラネテス PHASE-11 バウンダリー・ライン [映像-他]

(2003日)南米アマゾン川流域にあるエルタニカ国からEVAスーツの
営業があった。
先進国クラブの製品が主流の中では見込み薄だったが、
管制課のクレアが同郷だった。
とはいうものの、国際規格をクリアしているかが大前提だった。

採用試験が行われるが、試練が続く。
よく、ここまで機微を考えてストーリーを作れるものだと感心する。

ぷら.jpg
http://amzn.to/2Dz10ap
コメント(0) 

世紀末オカルト学院 1. マヤの予言 [映像-他]

(2010日)1999年の設定。長野県松代に私立ヴァルトシュタイン学院があった。
オカルト全般が学べるようで、通称「オカルト学院」と呼ばれているそうだ。

全13話でカスタマーレビューでの評価が高いので、見ようかなと思ったが、
第1話はハチャメチャな展開だった。
が、全ては伏線で最後は感動するそうだ。

少なくとも見なければよかったと後悔することはないようだが、
やや下品ではある。

オカルト.jpg
http://amzn.to/2DuqHst
コメント(0) 

鋼の錬金術師 10. 怪盗サイレーン [映像-他]

(2004日)視察が終え帰る途中、観光名所に寄り道した。
そこで錬金術師が犯行予告を出して泥棒を繰り返すという事件と出会う。

子ども向けのアニメで、「悪事をしてもいい場合もある」と、
堂々とセリフにし、悪びれもしないのには笑ってしまいました。

haga.jpg
http://amzn.to/2mJETTY
コメント(0) 

プラネテス PHASE-10 屑星の空 [映像-他]

(2003日)
職場内の秘密でギクシャクする。
ハチマキの先生に白血病を隠しておいてくれと頼まれた件と、
同僚ユーリーの秘密主義のオーラ。

ふざけた回もあったが、デブリに着目し、
こういうピュアなストーリーを考えた原作者に敬意を抱いた回でした。

ぷら.jpg
http://amzn.to/2Dr2qDs

コメント(0) 

鋼の錬金術師 9. 軍の狗<いぬ>の銀時計 [映像-他]

(2004日)初任務で探鉱の視察に向かう。
そこでは軍が管理する炭鉱の過酷な現実があった。
国家錬金術師ということで丁重に扱われる。
宗教臭いアニメと思っていましたが、社会派のようでした。

いくら何でも、格安すぎで、かっこ付け過ぎでした。

haga.jpg
http://amzn.to/2Dhzv4X
コメント(0) 

プラネテス PHASE-09 心のこり [映像-他]

(2003日)軌道保安庁の船が巡回していた。
海上保安庁の宇宙版で、ゴミを不法投棄する連中や宇宙海賊を取り締まるのでしょう。

それが新鮮でした。後は、人間関係でした。

ぷら.jpg
http://amzn.to/2mxZ7QI
コメント(0) 

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [映画]

(2013日)陸軍501機関から独立して公安9課でチームを結成するまでの作品。
今回も約60分で1つの事件を扱うが、何度かリピートし確認しながら鑑賞。

①人間 ②機械化人間 ③人型AIロボ

この区別が曖昧だと混乱してしまう。
見た目も会話しても区別できない時代のようだ。

現在の義手義足などの技術なら①であっても、
それがやがて②へと移行するのでしょう。

渋滞監視システムと自動車が通信で繋がっている時代にあって、
システムを乗っ取れば数百万の命を人質に取ることもできるようだ。
が、古いタイプの車やバイクはシステムに操作されずに自由に走れる。
そういう近未来像は面白かったですが、難しかったですね。


攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



コメント(0) 

鋼の錬金術師 8. 賢者の石 [映像-他]

(2004日)捕まったタッカーの研究を引き継ぐこととなったエド。
タッカーは「賢者の石」を研究していた。

今回は、連続殺人事件に巻き込まれることとなり、
かなり危なかった回。

haga.jpg
http://amzn.to/2EFZu33
コメント(0) 

プラネテス PHASE-08 拠るべき場所 [映像-他]

(2003日)同僚のフィーが管制課で係長に異動という話があり、
デブリ課で快く送りだそうとするが、そう上手くもいかなかった。
という話。

そのフィーと事業部長が昔の仲間だった経緯も合わせて、
宇宙時代の会社員をよく描いていた作品でした。

ぷら.jpg
http://amzn.to/2CSTcfT
コメント(0) 
前の10件 | -