So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

機動戦士ガンダム 24. 迫撃!トリプル・ドム [映像-a]

(1979日)ドムは81tの重量でありながら、足の裏から気体を輩出し、
高速に移動できるそうだが、アニメだからのようである。

今回、3機のドムを操る「黒い三連星」という凄腕のパイロットに大苦戦。

マチルダのミデアが突っ込むことで、辛勝となる。

戦争で失う人や物をカバーして得る物など無いということでしょう。





コメント(0) 

ルパン三世TVSP #04 ロシアより愛をこめて(3/3) [映像-a]

(1992日)1917年2月革命でニコライ2世と家族は収監され、翌年に銃殺された。
が、第4皇女アナスタシアは助けられ、渡米。
ロマノフ家の財産を追った孫のジュディが、ラスプーチンの孫の
ラスプートンの教団本山で対決する。

実際、ラスプーチンは皇子アレクセイの病を治癒したことから
家族ぐるみで友達だったようだ。

『007 ロシアより愛をこめて』とは全く関係なかったが、よくできた話だった。



コメント(0) 

デス・パレード #7 アルコール・ポイズン [映像-a]

(2015日)今回は、裁定者の職場の紹介だった。

どうやら建物内に多くの店があり、各店にバーテンダーとして裁定者がいる。
死んだ人間2人1組で各店に案内される。

で、クイーン・デキムの前任者がクイーンで現在は情報部に配属されているようだ。

情報部では死んだ人間の記憶を扱っているようだ。



コメント(0) 

機動戦士ガンダム  23.  マチルダ救出作戦 [映像-a]

(1979日)前回、ミライの指揮するホワイトベースがエンジンも含め
重症となり、連邦軍に連絡。マチルダ中尉が補給物資とガンダムパワーアップメカを
運んできた。

が、連邦軍内にスパイがいたため、その補給部隊をグフ3機とドップ10機の編隊が襲撃してきた。

『宇宙戦艦ヤマト』でスパイがいてデスラー総統に報告したシーンなぞ見たことない。

この辺で小学生の私には、ガンダムは難しかったのでしょう。



コメント(0) 

ルパン三世TVSP #04 ロシアより愛をこめて(2/3) [映像-a]

(1992日)テキサスの地方銀行ではあったが500トンの金塊が眠っていた。
現所有者はニューヨークマフィアのドンだった。
それをルパンが盗むが、不二子に裏切られ持ち逃げされる。
が、更にそれを奪った者が、ラスプートンだった。
かつてロマノフ家に仕えた怪僧ラスプーチンの孫だった。

そこに五右衛門がいるのが謎だった。


コメント(0) 

鋼の錬金術師 41. 聖母 [映像-a]


(2003日)第1話でエドがリオールの町を支配していた新興宗教の教主コーネルを倒したが、そのことで混乱となり軍が介入する惨事となった。

冒頭、スカーが墓場を見せてエドが悔いることとなるが、
どのみちコーネルの下で軍と戦うことになるかの違いだったようだ。

この状況で、スカーは口のきけないロゼを聖母にしたてあげた。
自分の錬金術を披露して信じさせる。

スカーの戦略は、軍に介入させ大量の生き血を貰って賢者の石を作ることだった。


が、エドは手紙を送って介入を止めた。

前回、蛇とのキメラであったマーテルが大総統ブラッドレイに殺されたが、
ホムンクルスであることが分かった。

小学低学年でも見る作品だそうだが、難しいでしょう。



コメント(0) 

オシリスの天秤 2 後編(Taget 17~Taget 21) [映像-a]

(2015日)やはり暗殺者の主人公を殺そうとする人間が登場する。
その対決は息を飲む。

最後は、かなりグロいですね。
もっと活躍するのかと思ってましたが、あっさりでした。

怖いもの見たさ、ですが、続編が楽しみです。

死にたい壊れたヤツは恐ろしいですね。




コメント(0) 

ルパン三世TVSP #04 ロシアより愛をこめて(1/3) [映像-a]

(1992日)1917年3月の革命でロマノフ家は処刑された。
が、警備隊長イノフスキーが密に助けた。当時、皇帝ニコライ2世の金塊保有量は1240トンでアメリカに次いで2位だったが、その内500トンがイノフスキーに贈られた。

が、紆余曲折を経て、テキサス州の銀行に保管されていることが、
ルパンの調査で判明した。
どこまで本当なのでしょうかね。


コメント(0) 

オシリスの天秤 2 前編(Taget 11~Taget 16) [映像-a]

(2015日)主人公の生い立ちが明かされた。
殺す価値のない者まで無差別に殺害することに
助けてくれた女は拒否した。

生死を扱う仕事をするならターゲットは厳選しなければ
人間とは言えない。

言葉を教わらず成長した少年が、
許される殺人とは何か、考え出すのでしょう。

深い作品になりそうだ。




コメント(0) 

デス・パレード  #6  クロス・ハート・アタック [映像-a]

(2015日)天国か地獄か、真面目に考える作品と思いきや、
チャラけだしてきました。

アイドルやファンの見た目のチャラさの中に、
魂が宿っているということなかもしれません。



コメント(0) 
前の10件 | -